1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

電力需給ひっ迫対策として広がる家庭向けデマンドレスポンスSMAP DRサービスを新電力販売量1位の東京ガスへ提供開始

PR TIMES / 2021年7月20日 18時45分

 ENECHANGE(エネチェンジ)株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役CEO:城口洋平、代表取締役COO:有田一平)の英国子会社であるSMAP ENERGY Ltd.(本社:英国ロンドン CEO:城口洋平)が提供する家庭向けデマンドレスポンスサービス「SMAP DR」の提供先として、東京ガス株式会社(本社:東京都港区 代表執行役社長:内田高史)が新たに加わりましたことをお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/17121/182/resize/d17121-182-b14ff27c7609149d98b1-0.jpg ]



背景



脱炭素社会を実現するためには、再生可能エネルギーの普及とデマンドレスポンス(DR)による柔軟な需給調整が重要です。DRは電力需要ひっ迫時に、発電量を増やすのではなく需要を減らす取り組みとして関心が高まっています。火力発電所の廃停止が進む中、経済産業省からは2021年の夏と冬の電力需給がひっ迫するとの見通しが発表されました。電力会社には安定的なサービス提供に向けた調達の工夫を要請、消費者へは節電の呼びけを行うとしています。これらのことから産業向けだけではなく、家庭向けのDRにも注目が集まっています。



今回の取り組みについて



東京ガスは、新電力における電力販売量1位(※2021年1月低圧実績値)、電力契約件数274万件(※2021年4月時点)を有する企業で、「夏の節電キャンペーン」にSMAP DRを採用いただきました。同キャンペーンはSMAP DRを活用し、東京ガスと電気の契約者が連携し節電協力を行います。契約者は、東京ガスからのリクエストに応じ、電気の使い方を工夫して節電協力を行うことで、節電量に応じたポイントが付与され、パッチョポイントで還元されます。キャンペーンは、7月20日(火)から告知を開始、8月24日(火)から9月30日(木)までのおよそ1カ月間にわたり実施されます。参加世帯数は10万件を予定しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/17121/182/resize/d17121-182-151c58c77223dd42d734-1.jpg ]

◎東京ガス「夏の節電キャンペーン」はこちらからご覧いただけます。
URL: https://members.tokyo-gas.co.jp/campaign/dr2021_summer.html



SMAP DRについて


◎SMAP DRサービス: http://dr.smapenergy.com/

SMAP DRは、デジタル式電力量計スマートメーターで取得できる電力データを活用し、家庭の電力消費のピークシフトを促すサービスで、参加者の節電協力によって電力需給ひっ迫を解消する取り組みです。参加者の自発的な節電行動を促す「行動変容型DR」と、スマートデバイスにあらかじめ接続した家電の遠隔制御を行う「スマートデバイス型DR」の2つを提供しています。今回東京ガスに採用いただいたSMAP DRは「行動変容型DR」です。節電協力を要請する時間帯は、電力市場(JEPX)で前日に公開される翌日のエリアプライスをもとに、あらかじめ設定したしきい値、および特定時間帯の指定により設定されます。参加者は、個々の標準的な電力使用量から節電行動によりシフトした電力量に応じて特典を受け取ることができます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/17121/182/resize/d17121-182-00dbe6ff3b1367e03066-2.jpg ]


[画像4: https://prtimes.jp/i/17121/182/resize/d17121-182-11bf46c70a32cfc4e1ad-3.jpg ]




■ENECHANGE株式会社執行役員SMAP事業部部長 有賀一雅コメント



再生可能エネルギーの普及拡大へ向け、電力系統の安定化と重要性が高まっています。今回、東京ガス様へご提供するSMAP DRサービスを活用したデマンドレスポンスサービスは、参加いただくご契約者様と節電・ピークシフトを促す東京ガス様の双方にメリットが創出可能なプラットフォームとして構築しています。将来的には、より多くの人が参加できるプラットフォームに育てあげ、カーボンニュートラル達成に必要な需要コントロールのリソースにつなげてまいりたいと思っています。



SMAP ENERGY社について



SMAP ENERGY社は、スマートメーターデータ解析に関する研究成果をもとに、ケンブリッジ大学と共同で設立した「ケンブリッジ大学発産学連携ベンチャー」です。スマートメーターから取得される電力データ解析サービス“SMAP (Smart-Meter Analytics Platform)”を電力会社向けに展開する事業を運営しており、欧州・日本・中東の電力会社への導入実績を有します。※2021年3月31日付でENECHANGEの完全子会社になりました。
名称 :SMAP ENERGY LIMITED
URL : http://smapenergy.com/



ENECHANGE株式会社



ENECHANGE(エネチェンジ )は、「エネルギーの未来をつくる」をミッションに掲げ、脱炭素社会をデジタル技術で推進するエネルギーテック企業です。自由化・デジタル化・脱炭素化・分散化に分類される「エネルギーの4D」分野で、データ活用を軸としたサービス展開しています。当社のルーツは、自由化先進国のイギリス・ケンブリッジでの電力データ研究所にあり、現在もイギリスに子会社SMAP ENERGY LIMITEDを有し、エネルギーデータの解析技術とグローバルなネットワークを有することが特徴です。
名称  :ENECHANGE株式会社
所在地 :〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル3階
URL  : https://enechange.co.jp/

■SMAP DRプロダクトに関するお問い合わせ先
ENECHANGE株式会社 SMAP事業部
Mail:dr-info@enechange.co.jp

※報道関係者用の問い合わせ先は、メディア限定公開欄に記載しております。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング