グループのシックス・アパート、世界標準のCMSプラットフォーム「Movable Type」のクラウド対応を強化

PR TIMES / 2012年6月25日 19時16分

詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.infocom.co.jp/info/press/2012/p12062501.html

***********

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原 教博)のグループ会社で、ホームページの情報更新ツールやブログ記事の掲載管理ツール等の開発・販売を手がけるシックス・アパート株式会社(東京都港区 代表取締役CEO 関 信浩)は、「Movable Type」のクラウド対応基盤を強化いたしました。

 インフォコムグループは、2013年3月期を初年度とする中期経営計画において、ネットビジネス領域を重点事業領域の一つとして位置付け、業容の拡大に取り組んでいます。
 
 2011年2月にグループ会社となったシックス・アパート株式会社は、ネットビジネス領域において、Webコンテンツ管理製品やソーシャルメディアサービスを提供しています。

詳細は下記の通りです。

【用語解説】
■CMS(Content Management System の略)
Web コンテンツを構成するテキストや画像など、デジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、 配信など必要な処理を行うシステムのこと。

■クラウド
ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータの利用形態。ユーザーはコンピュータ処理をネットワーク経由で、サービスとして利用する。従来のコンピュータ利用は、ユーザー(企業、個人等)がコンピュータのハードウェア、ソフトウェア、
データ等を、自分自身で保有・管理していたのに対し、クラウドコンピューティングでは「ユーザーはインターネットの向こう側からサービスを受け、サービス利用料金を払う」形になる。インターネット経由の一般向けサービスを「パブリッククラウド」、業
界内・企業内(ファイアーウォール内)等のサービスを「プライベートクラウド」と言う。当社グループでは提供するクラウドサービスを「info-cloud(R)」と総称し、サービスの拡充に努めている。


*****

<プレスリリース資料>
シックス・アパートが、マルチクラウド対応のソフトウェア・イメージ生成ツール
「UForge」を採用、Movable Type の仮想環境への対応を強化

ブログ・ソフトウェアおよびサービス大手のシックス・アパート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:関 信浩)は、クラウド対応の仮想ソフトウェア・イメージ自動作成ツール「UForge」(開発元:仏UShareSoft 社)を、CMS(コンテンツ管理システム)製品である「Movable Type」のクラウド・コンピューティング対応の基盤技術として採用します。(URL: http://www.usharesoft.com/

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング