ジョン・センデン ロフト12°のドライバーで8年ぶりの勝利を獲得!

PR TIMES / 2014年3月18日 17時47分

~『SLDR430 ドライバー』*1が勝利に貢献~

テーラーメイド ゴルフ株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:山脇康一)では、同社が展開する「テーラーメイド」契約のジョン・センデンが、3月13日~3月16日に開催された米国男子ツアー「バルスパー選手権」(開催場所:イニスブルックリゾート/フロリダ州)において、8年ぶりとなる勝利を飾りました。



混戦となった最終日、6アンダーの3位からスタートした42歳のジョン・センデンは、ロフトアップした12°の『SLDR 430ドライバー』を武器に、強風の中、狭いフェアウェイを果敢に攻めると、難易度の高い16番、17番で連続バーディを奪取。トータル7アンダーで首位に立つと、そのまま逃げ切り、2006年の「ジョンディアクラシック」以来、8年ぶりとなる米国男子ツアー制覇を達成。2013-2014年シーズン初となる40代王者となりました。

同大会の勝利により、世界のツアーにおいて「SLDRドライバー」が6勝*2を記録、「テーラーメイド」のドライバーでは、早くも通算10勝目*2を達成しています。

また、同週開催されたチャンピオンズツアー「東芝クラシック」においても、「アシュワース」契約のフレッド・カプルスが逆転優勝を果たし、チャンピオンズツアー通算10勝目を達成。テーラーメイド ゴルフ製品が、世界のツアーで勝利に大きく貢献しています。


ジョン・センデン使用スペック*3
ドライバー : 『SLDR 430ドライバー』(12.0°)
フェアウェイウッド : 『TaylorMade ROCKETBALLZ TOUR フェアウェイウッド』(14.5°)
アイアン : 『TOUR PREFERRED MB FORGEDアイアン (2011年モデル)』(#3-PW)
パター : 『Ghost Tour Monte Carloパター』

フレッド・カプルス使用スペック*3
アパレル : アシュワース


■ 「SLDR 430 TOUR PREFERRED ドライバー」
『SLDR 430 TOUR PREFERREDドライバー』は上級者が好む430cm3のコンパクトなヘッドシェープを採用、『SLDRドライバー』よりも2g重い20gの「SLDRウエイト」を搭載することで、大きな重心可変で、簡易的かつワイドな弾道調整を可能にし、さらなるロー・フォワード・シージー設計を生み出します。また無駄なバックスピンを抑制し、上級者がこだわる高弾道を生み出すハイロフト設計との組み合わせにより飛距離性能と操作性を高い次元で達成します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング