新たな肺がん啓発キャンペーン『Lung Cancer: We're Listening」を世界肺癌連合(GLCC)と共同で開始

PR TIMES / 2014年3月17日 20時9分



2014年3月17日 日本/東京
ベーリンガーインゲルハイムと世界肺癌連合(The Global Lung Cancer Coalition: GLCC)は、肺がんの啓発および肺がん患者さんとその家族が直面している問題について、理解を深めることを目的とした『Lung Cancer: We’re Listening」キャンペーンを共同で開始しました。
本キャンペーンサイト『Lung Cancer: We’re Listening』(http://www.wearelistening.info/start.jsf)では、イラストを活用した今までにないオンライン調査を実施します。このキャンペーンサイトは、日本語を含む7か国語に対応し、肺がん治療に関わる人々-患者さんとその家族、ケアする人、友人-から貴重な意見を集めることが可能です。集められた意見は、肺がんの啓発と患者さんとその家族を支援する活動の改善に役立てられます。また肺がん患者さん自身も、調査結果を通して、肺がんに対する理解を深めることができます。

本キャンペーンについて、GLCC会長であるマシュー・ピータース博士は次のように述べています。「GLCCは、肺がん患者さんの予後改善と、世界保健医療計画に肺がんを加えることを目的に活動しています。『Lung Cancer: We’re Listening』キャンペーンは、この目的に合致するものです。肺がん患者さんやその家族など、肺がんの影響を受ける人々のことを理解するために役立つと考えています。GLCCはこの調査から得られた情報を活用し、患者中心のプログラムやサービス、ツールをより良いものにしていきます」

『Lung Cancer: We’re Listening』 - 肺がん患者さんの声に耳を傾けよう
『Lung Cancer: We’re Listening』 キャンペーンサイトは、肺がん患者さんやその家族の声をより簡単に集めることができるように、視覚に訴える先駆的なアプローチを取り入れています。イラストや記号を多用した今までにないこのキャンペーンサイトでは、肺がんに関連するさまざまな問題について、シンプルなナビゲーションにそってクリックしていくだけで、簡単に参加者の意見を集めることができます。肺がん患者さんやその家族、ケアをする人、友人が日々の生活で抱える問題がイラストで表現されています。
この革新的なアプローチは、肺がん患者さんの声に耳を傾け、医療関係者と患者さんの間にあるギャップを埋めることを目的としています。この調査から得られた情報は、肺がん患者コミュニティや患者さんへサービスを提供する組織と共有され、新たなプログラムやサービス、教材の開発に役立てられます。『Lung Cancer: We’re Listening』は患者のニーズをより適切に把握し、対応することを目的にしています。
ベーリンガーインゲルハイム医薬開発担当上級副社長の Prof. クラウス・  デュギは次のように述べています。「患者さんをもっと効果的に支援するには、患者さんが感じていることをもっと理解する必要があります。私たちは、GLCCと連携することで、腫瘍領域に対する取り組みの中心に患者さんを据えます。そして『Lung Cancer: We’re Listening』で集めた情報を世界規模のプログラム開発に活用していきます。治療以外の面から患者さんの生活を改善する取り組みによって、肺がん患者さんのコミュニティを支援するための、より効果的なプログラムを開発することができます」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング