JTBグループは株式会社TESSと提携し、 「足こぎ車いす」の紹介販売で新たな旅行需要を創出

PR TIMES / 2014年2月3日 14時30分

JTBグループのヘルスツーリズム研究所は、東北大学発のベンチャー企業である   株式会社TESSが製造する『足こぎ車いす・プロファンド』のPRおよび紹介販売を開始します。

今まで旅行をあきらめていた移動のハンディをお持ちの方の背中を押し、一人でも多くの方が旅行し笑顔になれるよう、全国各地域の宿泊施設・観光施設等への導入を広げていきます。
本提携により『足こぎ車いす:プロファンド』が利用できる地域の環境開発と新たな着地型旅行の需要を創出し、移動のハンディを乗り越えてさまざまな人との交流が生まれる事を目指します。

2014年2月1日より紹介営業を開始し、初年度は、100台の導入を見込んでいます。

<提携により行う内容>
 ●当製品のJTBグループ・ヘルスツーリズム研究所からの告知
 ●当製品の各種施設への導入営業・紹介販売
   ※実際の販売は、株式会社TESSの代理店を通じて行います。
 ●当製品を利用して観光を楽しめる地域の開発


■開発会社
東北大学発ベンチャー企業 株式会社TESS http://h-tess.com/
東北大学半田康延客員教授が発明した足で漕ぐ世界初の車いす『足こぎ車いす:プロファンド』を開発、製造・販売している会社です。
『足こぎ車いす:プロファンド』は東北大学で行われていた運動機能再建学の研究中において、Neuromodulation(ニューロモジュレーション)という神経回路の回復を行うという最新の治療技術に基づいて開発されました。本来は電気刺激を使って麻痺した足を動かしていましたが、電気刺激を使わなくてもペダルを漕ぐ患者さんが出現しことにより、『自動歩行を賦活させる』『繰り返しのペダル運動で寸断された神経のバイパス回路を再構成する』ことを目的としています。

■製品概要
名称 :Profhand(プロファンド)
販売価格 :希望小売価格309,100円(非課税)
種類 :ソリッドイエロー、イタリアンレッド
サイズ/重量:全長1199mm(ペダル先端まで)×全高866mm×全幅605mm/14.2kg
介護保険適応:保険者(市区町村)によっては対象とならない場合があります。

■特徴
○ ニューロモジュレーション理論を用いて適正な姿勢が保持でき、足こぎに最適な着座位置、となるよう、座面の角度、座面と背面の挟み角、座面と駆動装置の位置を設定。
○ 使用者の障害の状態、体型、服装の変化などにも柔軟に対応することが可能。
○ 素材に超々ジュラルミンを使用することで、安全強度を保ちつつ極限まで軽量化。
○ スポーツ用自転車を思わせるスポーティーで個性的な外観。
○ デザインと機能を高次元で融合させることで、単なるリハビリの器具ではなく、健常者の方でも「かっこいい」「乗ってみたい」と思わせるユニバーサルで新しい乗り物。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング