1月22日(火)・29日(火)開催! プロマネに求められる「本質を見抜く力」と「折衝力」

PR TIMES / 2013年1月22日 16時27分

エンジニア、クリエイターのキャリア創造を支援する株式会社パソナテックは、2013年最初の取り組みとして、最新の知識や技術、トレンドを把握するための機会「SKILL BASECAMP 2013」を実施します。1月の「プロジェクトマネージャ」の分野では「クライアントの要求を見抜く力」と「プロマネに必要な折衝力」についてのセミナーを開催します。



プロジェクトマネージャになるきっかけとはと聞かれたとき、「人がいなかった」「後任が配置されなかった」など、やらざるを得ない状況だという方が多いのではないでしょうか。今回パソナテックがお送りする「SKILL BASECAMP 2013」では、がむしゃらながらもプロジェクトに前向きなプロマネのみなさんに、プロマネとしての評価を高めるためのポイントをセミナー形式でお届けします。

1月のセミナーはプロマネに必要な「本質を見抜く力」と「折衝力」。この機会をぜひご活用ください!


「SKILL BASECAMP 2013」について
http://www.pasonatech.co.jp/ca/basecamp/


技術セミナー・トレーニングで「自分のスキル
を学んで究める」。変化の激しいIT業界で、
最新の知識や技術、トレンドを把握して、
次なるステップに向けて行動するきっかけを、
パソナテックは、スキルアップ支援を通じ
おこなっていきます。


【イベント・キャンペーンに関するお問合せ】
 株式会社パソナテック セミナー事務局
 Mail:project@cs.pasonatech.co.jp
 TEL:0120-887004

【本トピックスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社パソナテック マーケティング企画部/戸所・田中
 Mail:pr@pasonatech.co.jp TEL:03-5224-5237


■セミナー情報1

クライアントサイドから視る、プロマネが遭遇する“意図せざる出来事”を未然に防ぐポイント

クライアントとの綿密な業務設計により進められる開発プロジェクト。しかしながら、どんなに細かくすり合わせても「意図せざる出来事」がつきまとうものです。本セミナーでは実際の開発プロジェクトで発生した「意図せざる出来事」をクライアントサイドからお話いただき、「委託側」と「受託側」の考え方や認識相違を読み解き、プロジェクトマネージャに求められる「クライアント求めるものを本質的に見抜く力」について考えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング