【IHG(インターコンチネンタル ホテルズ グループ)】出張先で欠かせないのはネット接続環境

PR TIMES / 2013年7月16日 17時13分

IHGによる出張旅行者1万人のグローバル調査で判明、最大のストレス解消策は家族との連絡

「我が家に勝るところなし」という言葉がありますが、出張先のホテルであっても、無料のインターネット接続環境があれば「我が家並み」にくつろげることが、IHG(インターコンチネンタル ホテルズ グループ、本社:英国)による最新の調査で判明しました。今回の調査から、出張旅行者にとって、インターネット上で家族や友人と連絡を取れることが最優先事項であることがわかりました。




※本ニュースリリースは、2013 年7 月15 日にインターコンチネンタル ホテルズ グループ PLG (IHG)より発表された内容の抄訳です。


・ 出張旅行者にとってインターネットが利用できないことは最大のストレス源
・ インターネット接続環境があれば、ホテルでも自宅のようなくつろぎを享受
・ 出張先でのストレス解消策ナンバーワンは、家族とのコミュニケーション


「我が家に勝るところなし」という言葉がありますが、出張先のホテルであっても、無料のインターネット接続環境があれば「我が家並み」にくつろげることが、IHG(インターコンチネンタル ホテルズ グループ、本社:英国)による最新の調査で判明しました。今回の調査から、出張旅行者にとって、インターネット上で家族や友人と連絡を取れることが最優先事項であることがわかりました。

このグローバル調査は、今月、IHGのホテル会員プログラムが「IHG Rewards Club(IHGリワーズクラブ)」に名称変更されたのを機に、世界中の出張旅行者1万人を対象に実施されました。調査の結果、出張旅行者の40%は、「インターネット接続環境がなくて家族と連絡が取れない」ことが最大のストレス源としており、「交通が不便」(26%)、「騒々しい環境」(24%)を大きく上回りました。このことから、出張先でネット接続環境がないために家族とコミュニケーションが取れないことは、出張族の最大の悩みであることがわかります。

今回の調査は、ホテル利用者が重視するポイントを把握するうえで重要な資料となります。IHGでは、IHG Rewards Clubの全会員のインターネット無料接続の新たな特典を全世界で開始し、IHG Rewards Club のエリートステータス会員(ゴールド、プラチナ)を対象に7月からスタート、2014年からは対象が全メンバーに拡大されます。提供条件は、ご宿泊のお客様だけでなく、カフェのご利用や急な打ち合わせでのご利用も対象となります。ました。これは、世界のホテルグループとして初めて、そして唯一の試みです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング