あしたのチーム「コンピテンシークラウド(R)」、「第4回HRテクノロジー大賞」にて人事マネジメントサービス部門優秀賞を受賞

PR TIMES / 2019年7月24日 19時40分

~ビックデータとAIで評価者の育成と業務の効率化を実現!9月19日表彰式あり@赤坂インターシティコンファレンス~

人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする、株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、2019年7月5日に開催された、日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰する「第4回HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム(HRT)、ProFuture株式会社)にて、人事マネジメントサービス部門優秀賞として受賞したことを発表いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25661/185/resize/d25661-185-485035-0.png ]

■授賞理由
 12万人以上の評価ビックデータから、人事評価業務に必要な項目を点数化し、評価者の能力を可視化するだけでなく、評価者へのフィードバック文章もAIが自動作成する「評価モニタリングAI機能」や、人の手による20万件以上の目標添削ビッグデータを基に、目標設定の修正必要箇所をAIが指摘して、より具体的な目標を設定し、個人の行動改善を促す「目標添削AI機能」など、評価者の育成と業務の効率化をビックデータとAIにより実現した点が評価されました。

■「コンピテンシークラウド(R)」について
 今まで紙やExcelで管理していた評価シートの複雑な管理・集計業務をクラウド上に実現させ、簡単に入力・カスタマイズを可能とした。重要なデータをクラウドに預けることで、管理リスクを軽減させ、評価データの分析機能や給与シミュレーション機能などで、評価制度の定着をサポートするのがクラウドサービス。
・評価シートをWeb上に再現したことにより、評価データをクラウドで一元管理。
・過去の評価データを用い、翌期の査定の分析や給与のシミュレーションが可能。
・評価者の評価したデータを用い、適切な評価が現場で行えているかを可視化し、評価者の育成・管理が可能。


※動画でわかる!コンピテンシークラウド(R)
  https://youtu.be/ouRChMkWPmY
※詳しい機能はこちら
  https://www.ashita-team.com/competency-cloud/
[画像2: https://prtimes.jp/i/25661/185/resize/d25661-185-887651-1.jpg ]

■「コンピテンシークラウド(R)」開発の背景・目的
 「人生100年時代」と言われる昨今、働き方改革における労働生産性向上の課題を解決する取組みが行われている中、我々は報酬と評価の連動を実現した人事評価制度の仕組みにより、人材のモチベーション向上・企業の労働生産性向上に寄与しています。ただ、人事評価制度の運用は資料作成・報酬の決定等、難易度が高く専門的な知識が必要で、多くの作業が必要です。それらの課題をWebアプリケーション上で実現しているのが「コンピテンシークラウド(R)」です。

■「コンピテンシークラウド(R)」の実績・結果
 「コンピテンシークラウド(R)」は、創業10年、導入企業2,500社の実績から蓄積された人事評価のビッグデータを用い、AIによる評価者のスキルの可視化や各種分析機能により、人財の育成を実現しながら、人事評価制度の運用をトータルにサポートしています。
・契約企業数   :2,500社以上
・利用アカウント数:12万以上
・評価シート数  :20万以上

■「第4回 HRテクノロジー大賞」について
 経済環境の激しい変化、少子高齢化、グローバル化が急速なスピードで進む中、企業人事は、環境変化を素早くキャッチアップするだけでなく、率先して変革を推進する主体である必要があります。また、ビジネスへの貢献の視点で、人事部門が事業部門のビジネス・パートナーとなることが求められるようになってきています。
 これまで人事領域では、得てしてエビデンス・データの乏しい感覚的なものに左右されがちでしたが、最近では、具体的なエビデンス・データを出し、企業の業績や生産性向上に人事がどのように貢献しているかが求められるようになってきています。そうしたなかで、近年、HRテクノロジーと人事ビッグデータの活用が大きな注目を集め始めています。
 「HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム(HRT)、ProFuture株式会社)は、日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化発展に寄与することを目的に、今年第4回が開催されました。
 第4回の応募総数は53事例で、厳正な審査の結果、その中から21事例が選ばれました。

■「第4回 HRテクノロジー大賞」授与式について
開催日時 :2019年9月19日(木)18時20分~
開催地  :赤坂インターシティコンファレンス
所在地  :東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 3F
URL   : https://www.hrpro.co.jp/hrtech_award.php

※9月18日(水)より開催の日本最大級の人事・経営者フォーラム「HRサミット2019/HRテクノロジーサミット 2019」内のプログラムとして開催されます。
※「HRサミット2019」の会場内にて授賞企業の取り組みをパネル展示で紹介される予定です。

展示期間 :2019年9月18日(水)~20日(金)
展示場所 :HRサミット2019/HRテクノロジーサミット2019会場内
URL   : https://www.hrpro.co.jp/hrsummit/

■株式会社あしたのチーム会社概要
代表者 :代表取締役 高橋恭介
本社所在地 :〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 11F
事業内容  :・報酬連動型人財育成プログラム「ゼッタイ!評価(R)」
         ・人事評価クラウド「コンピテンシークラウド(R)」
資本金     :4億1,010万円(資本準備金含む)
設立     :2008年9月25日
URL      : https://www.ashita-team.com/




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング