EdianWing(エディアンウィング) 新バージョン7.0を販売開始

PR TIMES / 2013年12月18日 10時17分

~外国語の入力・編集もダイレクトに実現できるなどの機能強化~

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田 和則、以下キヤノンITS)は、高機能ページレイアウトシステム『EdianWing』の新バージョン7.0を2013年12月18日(水)より販売開始します。




「EdianWing」は、伝統的な日本語組版技術を搭載した、多ページの紙誌面編集を得意とする高機能ページレイアウトシステムで、国内の約400社の印刷社・新聞社に導入されています。従来より、充実した対話組版機能と、豊富な独自タグによる自動・半自動バッチ組版機能の両方を装備しているため、校正を繰り返す編集作業の現場においては、DTPパッケージに比べ圧倒的に高い生産性の実現を可能にしています。

■ UNICODE対応を中心に、さらなる生産性の向上

本日発表の新バージョン7.0は、現バージョンをご利用のお客さまからの要望を取り入れて機能を追加しました。これまでの「高生産性」「安全・安心」「安定」というコンセプトをベースにし、今回は特に「生産性の向上」に注力し、以下の機能強化を図りました。

(1) EdianWingの文字コードをUNICODE化し、多言語対応とIVSへの対応を強化しました。
(2) 任意のTrueType、OpenTypeフォントをシステム予約なしで使用可能になりました。
(3) その他、組版エンジンの強化を実施しました。

本日発表の新バージョンは、年間1,000本の販売を見込んでいます。

製品名:EdianWing 7.0
価格(税別):150万円 ※
発売日:2013年12月18日

※ 導入および設置費用が別途必要となります。

<EdianWing 7.0の主な特長>

1. UNICODE対応
システム内部もUNICODEに変更し、多言語対応とIVS対応を実現しました。
効果:
(1) 中国語、韓国語、日本語混在データへの対応
(2) 異体字を含むテキストの外部からの入力


2. フォント関連の改善
従来、事前予約が必要であったフォント登録なしに、任意のTrueTypeやOpenTypeフォントが利用可能になりました。また、通常フォントとかなフォントの組み合わせが可能になりました。
効果:
(1) クライアントからの指定フォントにも柔軟に対応可能
(2) お客さまが購入したフォントもリアルタイムで利用可能

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング