大分県別府市で開催のコロナ支援セミナーにソラーレホテルズ社長が登壇

PR TIMES / 2020年7月27日 11時40分

『withコロナ、afterコロナ時に経営者は何をすべきか』

 ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:井上 理、以下ソラーレホテルズ)の代表取締役社長の井上は2020年7月22日に大分県別府市で実施された週刊ホテルレストラン主催の「宿泊業界向けコロナ対策支援セミナー」に登壇しました。当日は大分県内の宿泊事業者を中心に観光事業団体など7社9名様(県・団体組織含む)にご参加いただきました。コロナ禍で大きなダメージを受けている宿泊・観光業の皆様と一緒に厳しい現状を乗り越えるべく、ソラーレホテルズは「with コロナ、 after コロナ時に経営者は何をすべきか」というテーマで講演しました。コロナ禍を乗り切るための収益機会の創造や、利益構造の見直し、宿泊業者に今必要な判断、今後のマーケットを見据えた対応策などについて、全国でホテル運営を行っているノウハウや経験を基に、当社の考えや戦略をお話し致しました。





 2020年6月にソラーレホテルズはコロナ禍で打撃を受けている宿泊施設と、地域経済の活性・再生を支援するため「事業再生支援チーム」の発足をしており、この講演もその活動の一環として行いました。ソラーレホテルズは今後も宿泊、観光業界に寄与するための活動や、地方事業の支援、地域経済活性化への取り組みを、積極的に行なって参ります。

■ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社

[画像1: https://prtimes.jp/i/3280/186/resize/d3280-186-138531-0.jpg ]

「インソムニア 赤坂」「雨庵 金沢」「ザ・スクエアホテル」「ホテル・アンドルームス」「ハタゴイン」「ロワジール」「ロイヤルパインズホテル浦和」「チサン」などのホテルブランドを有し、国内52カ所、海外1カ所、7,488室のホテル宿泊部門および売店部門・料飲部門・大浴場・スパの運営、アセットマネジメント、フランチャイズ運営などの事業を展開しています。(2020年7月現在) https://www.solarehotels.co.jp

【運営ホテルブランド】

[画像2: https://prtimes.jp/i/3280/186/resize/d3280-186-432934-1.jpg ]

■宿泊施設・地域経済の再生支援活動について
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社はコロナ禍で打撃を受けている宿泊施設と、地域経済の活性・再生を支援するため、「事業再生支援チーム」を発足しました。国内外のホテル運営で確立した独自の運営モデルと複数ブランドを活かし、運営会社の変更だけでなく、運営会社を変更せずに収益向上を図る運営改善や送客の支援など、様々な方法で事業の再生を目指します。また、必要に応じてネットワーク構築(金融機関、投資ファンド、コンサルティング会社等を含む)や支援スキーム構築なども行います。さらに宿泊施設の雇用維持を含め、宿泊施設の地域経済活性化についても積極的に取り組んでおります。
ご相談はメールまたはお電話で、事業再生支援チームにご連絡下さい。

【再生支援のご相談窓口】
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ 
事業再生支援チーム 山崎 
Mail: toshio.yamazaki@solarehotels.com /Tel: 03-6858-2285

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング