アメリカで大人気の新感覚アート「ゼンタングル」が日本に本格上陸  ファン3万人以上のABTV Networkがブティック社とコラボ 誰でも出来るゼンタングル実演動画をYouTubeに公開

PR TIMES / 2013年12月17日 14時25分



この情報の詳細は、当社コーポレートサイトでもご覧頂けます。
http://www.cri.co.jp/news/press_release/2013/20131217000709.html?prt1

コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川 幸広)は、当社がYouTube上で運営するマルチチャンネルネットワーク(MCN):The Online Creators(OC)<https://onlinecreators.jp/>に所属するABTV Networkが、株式会社ブティック社(本社:東京都千代田区、代表取締役:内藤 朗)が刊行した「ペン一本で誰でも描けるパターンアート ゼンタングル(Zentangle(R))」とコラボレーションして、動画映像を企画制作し、12月13日(金)から配信を開始いたしました。


--------------------------------------------------------------------------------------
動画はこちらから ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=AmK9WDYyz20
--------------------------------------------------------------------------------------


ゼンタングルは、 Rick Roberts and Maria Thomas(リック・ロバーツ&マリア・トーマス)が開発した、今アメリカで大人気のアートで、誰でもペン1本を使い、簡単なパターンを繰り返し描くだけで、自由自在に様々な作品が完成するアート手法です。ゼンタングルはZen(禅)とTangle(絡まる)を合わせた造語で、「禅」の精神世界や哲学を取り入れて、一定のパターンを絡ませて描く手法という意味です。ゼンタングルの愛好家は世界中におり、日本でも今年11月、ブティック社がゼンタングルの制作プロセス167パターンを紹介する書籍を刊行するほどとなりました。自分で描く芸術に興味がありながら、絵筆に自信のなかった女性を始めとして、ブームの兆しを見せ始めております。

今回の動画は、手作り実用書で有名な老舗の出版社であるブティック社と、ゼンタングルのアート性に感銘を受けた3万人以上のファンを抱えるYouTuberであるABTV Networkがコラボレーションして、流行や嗜好品に敏感なYouTube視聴者に向けて、その世界観を案内する内容となっております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング