世界でも希少なボーイソプラノ合唱団!TOKYO FM少年合唱団、レギュラー出演が決定!

PR TIMES / 2013年5月8日 17時36分

『SUZUKI HOME SONGS』(月~木14:55~15:00)

TOKYO FMの番組『SUZUKI HOME SONGS』(月~木14:55~15:00放送/TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット)は、子供たちに伝えたい名曲を毎日1曲ご紹介しているプログラム。5月より、毎週木曜日は、TOKYO FM少年合唱団がレギュラー出演し、彼らのレパートリー楽曲をお届けします。独特な音色をもつ貴重なボーイソプラノの響きをお楽しみください。





TOKYO FM少年合唱団は、世界でも希少な、小学生男子のみで構成されている純粋な「少年合唱団」で、1985年の誕生以来、今年で29年目を迎えます。変声期前の少年が持つ独特な高音「ボーイソプラノ」にこだわり続ける合唱団の実力と実績は、日本だけでなく海外でも高く評価され、定期演奏会はじめ、オペラやコンサート、CDレコーディングやCM、番組出演など、幅広い活動を行っています。

♪4月17日と19日には、渋谷Bunkamuraオーチャードホールで、オペラ『オテロ』に出演。世界的な指揮者、チョン・ミョンフン、フェニーチェ歌劇場と共演を果たしました。島の子供の役として、マリア像にユリの花をささげる思いをイタリア語で歌いました。
♪5月3日には、東京国際フォーラムで行われた『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』に出演。音楽祭のテーマ「パリ、至福の時」にちなんで、「クラリネットをこわしちゃった」「アヴィニヨンの橋の上で」「おおシャンゼリゼ」などフランス民謡を中心に6曲を披露。彼らの歌に合わせて、満員の観客から手拍子が沸き起こりました。

【TOKYO FM少年合唱団について】
TOKYO FM少年合唱団は、1985年の誕生以来、今年で29年目を迎えました。
現在、日本で、小学生男子のみがメンバーの、純粋な「少年合唱団」は大変めずらしく、ボーイソプラノにこだわりつづける合唱団の実力・実績は、日本だけでなく海外でも高く評価されています。現在約50名の団員がおり、定期演奏会はじめ、オペラやコンサート、CDレコーディングやCM、番組出演など、幅広い活動を行っています。
http://www.tfm.co.jp/boys-chorus/

【『SUZUKI HOME SONGS』について】
◇放送日時:月~木14:55~15:00放送 
◇放送エリア:TOKYO FMをはじめとする全国38局ネット
◇出演者:   石田ひかり
◇番組内容: 子供たちに伝えたい、歌ってあげたい歌」を“HOME SONG”と名づけて毎日1曲ずつご紹介します。
◇放送エリア: TOKYO FMをはじめとする全国38局ネット
◇番組HP :  http://www.tfm.co.jp/homesongs/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング