“ダイレクト エナジーHDアンプ”と“MCACC Pro”による高出力・高精度で優れた臨場感のサラウンド再生を実現するAVアンプのフラッグシップモデル2機種を発売

PR TIMES / 2014年8月27日 14時28分

~最新の多次元サラウンドフォーマット“Dolby Atmos(R)”にアップデートで対応※1~

 パイオニアは、厳選したオーディオパーツを採用し、徹底した音質チューニングを施した、AVアンプのフラッグシップモデル「SC-LX88」「SC-LX78」を発売します。



【商品名】AVアンプ
【型番・希望小売価格(税別)】SC-LX88 (335,000円)、SC-LX78(250,000円)
【発売時期】9月下旬

 本機は、9チャンネル同時ハイパワー出力を可能にする“ダイレクトエナジーHDアンプ”を搭載するとともに、最新の多次元サラウンドフォーマット“Dolby Atmos(R)”への対応(ファームウェアアップデート※1)と独自の自動音場補正技術“MCACC Pro”により、音の移動を高い精度で再現し、臨場感のあるサラウンド空間を実現します。また、世界トップクラスの録音スタジオ、英国「AIR Studios」でサウンドクリエイターと徹底した音質チューニングを行い、質感の高い中高域と迫力ある低域再生を実現しています。さらに、最新の“HDMI 2.0”規格に対応し、4K映像信号(60P/4:4:4)※2のパススルー伝送・4Kアップスケーリング機能も搭載するなど、高精細な4K映像でサラウンドを楽しめるほか、AirPlayをはじめとする最新のネットワーク機能や、FLAC/WAVのマルチチャンネルコンテンツ(96kHz/24bit 5.1ch)・ネットワーク上のDSD※3音源(5.6MHz)など、さまざまな音楽ファイルの再生に対応しています。
 「SC-LX88」は、192kHz/32bitまでの音楽ファイル再生に対応した「USB DAC機能」※4を搭載しています。

※1 アップデートの時期、方法などの詳細については、後日改めて当社HP(http://pioneer.jp)でお知らせします。

【主な特長】
■ Class D “ダイレクト エナジーHDアンプ”の搭載により、マルチチャンネル同時ハイパワー出力を実現
 (SC-LX88:9ch-810W、SC-LX78:9ch-770W)
■ 最新の多次元サラウンドフォーマット“Dolby Atmos(R)”にファームウェアのアップデートで対応
■ 理想的な音場調整を実現する自動音場補正技術“MCACC Pro”を搭載
■ 世界トップクラスの録音スタジオ「AIR Studios」のサウンドクリエイターとの音質チューニングにより、
 質感の高い中高域と迫力ある低域再生を実現
■ 4K映像信号の伝送が可能な最新の“HDMI 2.0”規格に対応し、
 4K映像信号をダイレクトに伝送する「4Kパススルー」機能と、
 SD/HD映像を4Kクオリティーまで高解像度化する「4Kアップスケーリング」機能を搭載
■ デジタル信号を低ジッターでアナログ変換する、ESSテクノロジー社製D/Aコンバーター
 “SABRE 32bit Ultra DAC”を2つ搭載したことで、豊かな低域を全チャンネル(9.2ch)から再生
■ 高品位「PML MUコンデンサー」など、最上位機種の音質を実現するオーディオパーツ
■ 音声信号を32bitまで拡張処理する「Hi-bit 32 Audio Processing」により、
 Apple lossless、AIFF、FLAC、WAVなどのファイル音源やBDなど、ロスレスコンテンツの微妙なニュアンスを再現
■ FLAC/WAVのマルチチャンネルコンテンツ(96kHz/24bit 5.1ch)再生に対応
■ AirPlay対応など充実したネットワーク機能と、さまざまな機器との接続に対応する豊富な入力端子

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング