エムティーアイが、企業向け自動変換ソフトウェアの提供を開始!

PR TIMES / 2014年2月21日 10時34分

~社内の基幹業務システムが、スマートフォンでも簡単に使えるようになる!~

(株)エムティーアイは2月21日(金)より、通常PCで利用している社内の基幹業務システムを、スマートフォンでも利用できるようにするソフトウェア『モバイルコンバート エンタープライズ』の提供を開始します。
当社では、企業のPCサイトをスマートフォンサイトへ自動変換する法人向けASPサービス『モバイルコンバートプラス』を提供しており、数多くの企業に採用されています。
本サービスは、このASPサービスと同内容のサービスを、セキュリティ面を保って基幹業務システムに組み込めるよう、完全パッケージ化したソフトウェアです。
パッケージ化して企業に納品することで、社内ネットワークのセキュリティ保持上、ASP事業者のサーバを通じて提供されるASPサービスを利用することが難しかった基幹業務システムへの導入がしやすくなりました。
基幹業務システムは、企業側が、情報システムの構築・運用などの請負会社である“システムインテグレーター”へアウトソーシングすることが多いため、“システムインテグレーター”への提供も見込んでいます。




◆外出先でも、スマートフォンで社内の基幹業務ができれば効率的!

昨今、スマートフォンを業務端末として活用する企業が増えています。PCと比べると、場所や時間の制約を受けず、バッテリーも長持ちするため、業務の円滑化に貢献できることが大きなメリットです。
メールのやり取りや資料の閲覧だけでなく、社内の基幹業務をスマートフォンで行うことができれば非常に便利ですが、多くの企業の基幹業務システムは大規模で複雑なため、PC向けに構築したシステムをスマートフォン向けとして新たに構築するには、膨大なコストと時間が必要になります。
そこで、PCサイトをスマートフォンサイトに自動変換するASPサービスを利用するのが簡単な方法ですが、ASPサービスは提供元のサーバにインストールされたアプリケーションを利用するため、万全なセキュリティ対策を敷いているとはいえ、二の足を踏む企業が少なくありません。

◆基幹業務システムを、スマホ向けに自動変換する『モバイルコンバート エンタープライズ』登場!


当社が2008年より提供を開始したモバイルコンバートシリーズは、国内で最大シェアを誇るモバイルサイトへの自動変換ASPサービスとして、大手企業をはじめ、多くの企業に導入されています。
今まで社内ネットワークのセキュリティ保持上、ASPサービスの導入を躊躇していた企業にも、同様のサービスを利用してもらうために、当社で長年培った様々なノウハウを詰め込み、必要な要素を完全パッケージ化したソフトウェア『モバイルコンバート エンタープライズ』を開発しました。
ASPサービスからソフトウェアにしたことで、企業の情報システムの構築・運用などの業務を請け負う“システムインテグレーター”も使用できるようになり、さらに活用の場が広がります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング