【ビールに関するアンケート調査】飲み会の「最初の一杯」にビールを飲む人は7割強、男性50代以上では9割近く。ビールの飲用者・飲用頻度は減少傾向

PR TIMES / 2014年10月31日 13時52分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、4回目となる『ビールの利用』に関するインターネット調査を2014年10月1日~5日に実施し、10,988件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19501/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■飲み会や宴会などの『最初の一杯』にビールを飲む人は、アルコール飲料飲用者の7割強。男性50代以上では9割近くに達す。「サワー、チューハイ」「カクテル」は低年代層、特に女性で多い
■ビール飲用者は全体の6割弱、「週1回以上」は3割。飲用者・飲用頻度は2012年より減少傾向
───────────────────────────────────────────



◆よく飲むアルコール飲料
よく飲むアルコール飲料は、「ビール」が51.5%で最も多く、以下「サワー、チューハイ」「ワイン」「新ジャンルビール」が各3割弱で続きます。「ビール」「新ジャンルビール」「ワイン」は高年代層で、「サワー、チューハイ」「カクテル」は低年代層で多い傾向です。女性20・30代は、「サワー、チューハイ」が最も多くなっています。また、男性50代以上は、「ビール」に次いで「焼酎・泡盛」が多くなっています。


◆「最初の一杯」に飲むアルコール飲料
アルコール飲料飲用者に、飲み会や宴会の席で『最初の一杯』に飲むアルコール飲料を聞いたところ、「ビール」が73.3%を占め、「サワー、チューハイ」「カクテル」が各1割以下で続きます。「ビール」は男性や高年代層で多く、男性50代以上では9割近くに達します。一方、女性20代では4割弱となっています。低年代層、特に女性では「サワー、チューハイ」「カクテル」が多くみられます。


◆ビールの飲用頻度、直近1年以内に飲んだ銘柄
ビールの飲用者は58.7%、「週1回以上」は3割です。2012年調査時より、飲用者・飲用頻度ともに減少傾向となっています。飲用者は男性や高年代層で多く、男性50代以上では8割弱を占めますが、女性20代は3割強にとどまります。

直近1年以内に飲んだビールの銘柄は、「アサヒスーパードライ」(71.1%)が1位で、「ザ・プレミアム・モルツ」「一番搾り生ビール」「ヱビスビール」が各3~4割で続きます。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング