【プレスリリース】エボラ出血熱、西アフリカへ拡大 ギニアとリベリアで111件の感染、マリで6件の疑い 正しい情報を広め、感染拡大防止を  

PR TIMES / 2014年4月10日 16時26分

日本ユニセフ協会より計30万ドルを支援



※本信は ユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所からの情報を日本ユニセフ協会
広報室が翻訳したものです
※原文をご入用の際は 広報室(後述)までお問い合わせください


【2014年4月10日ダカール(セネガル)発】

西アフリカでエボラ出血熱の感染が拡大しています。2014年4月8日現在、ギニアと
隣国のリベリアで111件の感染が確認されました。感染が疑われるケースは178件、
確認または感染の可能性が高いケースは、ギニアとリベリアで報告され続けており、
マリでも感染が疑われるケースが6件発生、感染が拡大しています。


■あらゆる機会、方法を使って対応・予防策を発信・拡散

ユニセフは、感染または感染の恐れがある西アフリカ7カ国(ギニア、リベリア、
シエラレオネ、コートジボワール、セネガル、マリ、ギニアビサウ、以下7カ国と
記載)で、保健省やパートナー団体と主に、携帯電話のテキストメッセージや
ラジオ番組、TV番組、個別訪問キャンペーンを通じて、致死率の高いエボラ
ウイルスから命を守る情報を拡散しています。

ユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所 子どもの生存と発達 アドバイザー長の
グイド・ボルギーズは「エボラ出血熱は、この地域の人にあまり知られていません
でした。このような状況下では、根拠のない不安や噂は瞬く間に広く伝わってしま
います。自分や家族の身を守り、危険な誤解が広がらないようにするためにも、
エボラ出血熱への対処法と正しい情報を得ることは、これまで以上に重要です」と
述べました。

エボラ出血熱が発生している、または感染リスクの高い西アフリカの国々で、
ユニセフは、赤十字やWHO(世界保健機関)といったパートナー団体と協力の下、
草の根レベルでエボラ出血熱への意識を高め、文化的に慎重な対応が必要と
される広報戦略の立案を続けています。

7カ国では、マスメディアやデジタルメディア、個人のコミュニケーション活動を
通じて、モスク、教会、学校、保健センター、市場などでコミュニティや医療
従事者に対し、エボラ出血熱への予防策を実施するように働きかけています。
また、ユニセフは、石けんや塩素、手袋など、予防に必要な資材を提供して
います。


■情報の不足や誤った情報で命を危険にさらさないように
ボルギーズ・アドバイザー長は「ストーリー
仕立てのラジオ番組や印刷物、TV番組や携帯電話
への音声メッセージ送信など、あらゆる方法を
用いて、より多くの人に対処法を伝えるために
現地語で発信しています。感染拡大防止は、
時間との闘いです。エボラ出血熱は命を奪う
病気です。情報の不足や噂に基づく
誤った情報は、命を危険にさらします」と
強調しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング