マーケティングDXで失敗しないための教科書!「デジタルマーケティングの定石~なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか?~」を9月10日発売

PR TIMES / 2020年9月10日 13時15分

マーケティングのデータ分析と改善提案、効果測定といったPDCAを自動化する「AIアナリスト」など、セールス&マーケティングのDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)は、取締役CIO垣内勇威が本日2020年9月10日に「デジタルマーケティングの定石~なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか?~」を発売したことをお知らせします。



[画像: https://prtimes.jp/i/11052/189/resize/d11052-189-450410-0.png ]

◩「デジタルマーケティングの定石」を1冊に。当社取締役CIO兼WACULテクノロジー&マーケティングラボ所長の垣内が、WACULの知見をぎゅっとまとめました
これまでWACULが「AIアナリスト」やDXコンサルティングを通じて獲得してきたノウハウを凝縮し、「デジタルマーケティングの定石」=「勝ちパターン」として、それぞれの事業モデルに即した形でまとめました。あなたの事業モデルの勝ちパターンを知り、実際に今何が出来ていて何が出来ていないか確認できます。
また、この書籍は、デジタルマーケティングの小さな打ち手にとどまらず、ビジネスモデルそのものから「マーケティングのデジタルトランスフォーメーション(DX)」を実現するために必要な構造的理解からその実践の方法まで、経営者からマーケター、セールスの皆様まで幅広くビジネスに活かせるものとなっています。


<本書の内容>
Intro. デジタルマーケティングには「定石」がある
01. デジタルの限界を理解する
02. デジタル活用の目的はコストカットである
03. なぜ、デジタルは無駄な仕事が増えやすいのか?
04. あなたは顧客に毎年会っているか?
05. 「日常生活フェーズ」の定石
06. 「初回購入フェーズ」の定石
07. 「継続購入フェーズ」の定石
08. 定石を様々なビジネスモデルに適用する
09. 【Web to 営業担当型】BtoBで営業につなぐビジネスの型
10. 【Web to 営業担当型】BtoCで営業につなぐビジネスの型
11. 【Web 完結型】ECの型
12. 【Web 完結型】その他の型
本当に大切な仕事は何か?──おわりに



◩Amazon新着ランキング1位獲得!予約開始から即話題に
これまで垣内はイベント登壇や各種メディア、SNS等において、その深い知見と本質を突く鋭い考察などが話題になっており、本書は予約開始当初からすぐに話題となり、Amazonマーケティング・セールス部門新着ランキング1位を獲得*しています。
また、発行に至った想いを語ったインタビューを、こちらの出版社ウェブサイトにて公開しております。ぜひご覧ください。


なぜマーケターは「成果の出ない施策」を繰り返すのか? – 日本実業出版社
https://www.njg.co.jp/post-33447/



*Amazonマーケティング・セールス部門 新着ランキング 2020/7/23時点

◩出版記念のイベントも行われますのでご参加ください
本書籍の書評および出版イベントの申込はこちらからご確認ください
https://wacul.co.jp/lab/books-the-standard-of-digital-marketing/

<各種書店および各種ネット書店にて購入ができます>
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4534058020
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/16403813/
丸善(honto): https://honto.jp/netstore/pd-book_30440215.html
紀伊国屋書店: https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784534058027ヨドバシドットコム: https://www.yodobashi.com/product/100000009003314281/

◩WACULについて
WACULは、テクノロジー×ビッグデータで、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する様々なプロダクトを持つDXアクセラレーターカンパニーです。
2010年にデジタルマーケティングのコンサルティング事業を開始し、人工知能の先進テクノロジーをもつ東京大学松尾研究室との共同研究を行うなど、コンサルティングを通じて蓄えた知見と学び育てたテクノロジーを融合し、2015年から「AIアナリスト・シリーズ」を提供しています。データ分析の知識がなくても、データドリブンなデジタルマーケティングのPDCAサイクルをまわして、売上最大化を実現します。

<会社概要>
会社名  :株式会社WACUL(読み:ワカル)
Webサイト: https://wacul.co.jp/
本社所在地:東京都千代田区神田小川町3-26-8 2F
代表者  :代表取締役CEO 大淵 亮平
事業内容 :AIによるデジタルマーケティング改善提案ツール「AIアナリスト」企画・開発及び販売
Twitter  : https://twitter.com/wacul_jp
Facebook : https://www.facebook.com/wacul.co.jp/

<主要サービス>
・デジタルマーケティングのPDCAを支援するマーケターエンハンスメントツール「AIアナリスト」
3.3万サイト以上、広告宣伝費の多い上位100社の50%以上で利用される「AIアナリスト」は、ECサイトの売上やBtoB企業の問い合わせや資料請求の増加など、あなたのWebサイトからの売上最大化をサポートします。データ連携をするだけで、レポート作成、データ分析、そして改善施策の提案から実行した施策の成果の測定まで、デジタルマーケティングのPDCAサイクルを支援するソリューションです。また、3.3万サイトのデータとノウハウをもとに、コンサルタントのサポートもあります。データ分析作業や施策管理、施策の効果検証などの煩雑で難解な作業は「AIアナリスト」におまかせください。

申込サイト(無料)はこちら: https://wacul-ai.com/

・CV最大化フォーカスのコンテンツSEO制作サービス「AIアナリスト SEO」
AIがアクセス解析データに基づいて狙うべきキーワードの選定を行い、SEOに強いコンテンツを制作します。納品記事の55%がターゲットキーワードの検索1ページ目である10位以内に入っています。

サービスご紹介・資料請求はこちら: https://wacul-ai.com/seo/

・低コストな自動広告運用サービス「AIアナリスト AD」
AIアナリストのノウハウを活用してCV獲得に効果的な広告媒体を選定、効率的な広告運用を代行します。コンサルタントがWebサイトなど広告からの送客先の最適化まで広く戦略を描き、こまかな広告運用はロボットを活用するため、一般的な広告代理店より安い運用代行料で効率的な運用が可能になります。様々な業界で20%以上のCPA削減実績があります。

お問い合わせはこちら: https://wacul-ai.com/ad/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング