1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

大学向けクラウドファンディングプログラム「READYFOR College」文部科学省の「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度」認定サービスに採択

PR TIMES / 2021年3月31日 17時45分



日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都千代田区、代表:米良はるか)が実施する、大学向けクラウドファンディングプログラム「READYFOR College」は、文部科学省が実施する「研究支援サービス・パートナーシップ認定制度(※)」の認定サービスに採択されました。今後も大学における研究・教育活動の更なる活性化のため「READYFOR College」を通じて想いの乗ったお金の流れを増やしてまいります。


[画像: https://prtimes.jp/i/31325/189/resize/d31325-189-600179-0.png ]



※本制度は、「研究者の研究環境を向上させ、我が国における科学技術の推進及びイノベーションの創出を加速すると認められるサービス」に関して、文部科学省が認定する制度です。



「READYFOR College」概要

研究・教育分野への寄付を集める大学向けのクラウドファンディングプログラムです。2017年1月に本プログラムを立ち上げて以来、200件以上のプロジェクトを掲載しており、総額約10億円の資金調達をサポートしてまいりました。なお、当社はこれまでに33校の大学と業務提携を締結しております。
(READYFOR College URL: https://readyfor.jp/lp/college/

本プログラムでは、当社が大学本部の基金室等と連携し、寄付金募集におけるプロジェクトの全体設計から広報活動のアドバイスなど、公開前から目標金額達成に向けたサポートを実施しております。大学本部が研究者に代わって寄付金にかかる経理手続き等を行うことで、研究者の事務負担を軽減するとともに寄付金獲得を強化することができます。

・業務提携実施大学一覧(順不同、全33校)
筑波大学、大阪大学、九州大学、名古屋大学、東北大学、東京工業大学、東京藝術大学、神戸大学、広島大学、東京医科歯科大学、立命館大学、立命館アジア太平洋大学、奈良先端技術大学院大学、北里研究所、国士舘大学、帯広畜産大学、九州工業大学、岩手大学、弘前大学、金沢大学、宇都宮大学、山梨大学、島根大学、宮崎大学、琉球大学、筑波技術大学、京都工芸繊維大学、大阪教育大学、奈良教育大学、桜美林学園、東京都立大学、横浜市立大学、玉手山学園(※2021年3月31日時点)



READYFOR株式会社とは

READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をビジョンに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」、法人向け事業「READYFOR SDGs」を運営しています。2011年3月のサービス開始から2万件ちかくのプロジェクトを掲載し、70万人から約200億円の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています(2021年3月時点)。「カンブリア宮殿」をはじめさまざまなメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング