トランスコスモス、メールマーケティングソリューションClickM@ilerに ソーシャルメディア連携機能を装備 ~メルマガの情報をFacebook・Twitterで簡単に共有でき、情報の拡散を促進~

PR TIMES / 2012年8月9日 11時34分



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715 以下、トランスコスモス)は、メールマーケティングソリューションClickM@iler(クリックメーラー)の新機能として、メール購読者が自身のFacebookおよびTwitterのタイムラインにメールの内容を投稿できる「ソーシャルメディア連携機能」を実装します。現在、SaaS版ClickM@ilerの一部のお客様企業向けに先行実装しており、2012年10月にソフトウェア版ClickM@ilerも含めた全サービスでの正式リリースを予定しています。

急速に利用者が拡大するFacebook(1,608万人※)・Twitter(1,347万人※)と、企業のメールマガジン(メルマガ)との連携を強化するため、ClickM@ilerで配信するメール本文内にFacebook・Twitterへのリンクボタンを設置できるようになります。メール購読者は、このリンクボタンをクリックしてFacebook・Twitterにログインするだけで、自分のアカウントのタイムラインに、受信したメールのタイトル(件名)、コンテンツが掲載されたWebページのURLを投稿することができます。このWebページは、お客様企業固有の専用ページとして、ClickM@ilerで作成・配信されるメールコンテンツが自動的に掲載・アーカイブ化されます。これにより、Facebook・Twitter上の友達やフォロワーへの情報共有が容易になり、メルマガコンテンツを拡散しやすくなります。
※2012年6月ニールセン調査より、1ヶ月の訪問者数

特定の顧客にアプローチできるメルマガと、ソーシャルメディアの拡散力・双方向性を掛け合わせることで、企業は伝えたい情報を効果的かつスピーディーに、より広範囲に伝播することが可能になります。

また、メルマガそのものの開封率、クリック率などはもちろん、シェア数・ツィート数、さらにFacebook・Twitter経由で新たにお客様企業専用ページにアクセスした訪問者数なども計測でき、メルマガを起点とした情報の拡散状況をリアルタイムに確認することが可能です。

■ClickM@ilerのソーシャルメディア連携機能

・Facebook・Twitterへのリンクボタンを設置
・メールコンテンツを自動でお客様企業専用Webページに掲載、アーカイブ化
・メールタイトル(件名)とお客様企業専用Webページの該当URLをメール購読者のFacebook・Twitterアカウントに投稿
・メルマガを起点とした情報の拡散状況をリアルタイム分析

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング