~ライフネット生命、「東日本大震災後の意識・行動の変化」に関する調査~

PR TIMES / 2012年3月28日 17時12分



        ~ 第1章 東日本大震災前後での変化 ~

              - 収入の変化 -
       震災前後での世帯年収の変化、「減った」28.2%
世帯年収減少を受けた行動変化、「外食を控える」5割強、「固定支出の見直し」2割半

          - コミュニケーションの変化 -
「家族とよりコミュニケーションを取るように心がけた」震災以後53.1%へ上昇
「見ず知らずの他人にも気を配る」大阪府より、震源地に近い東京都の方が意識高まる

           - 社会参加意識の変化 -
       震災以後、女性の「政治関心度」が顕著にアップ
     「社会貢献意識」男女で逆転、女性の“絆”意識高まる



   ~ 第2章 「東日本大震災直後」と「震災後1年」での変化 ~

            - 消費行動の変化 -
    “応援消費”、震災直後の35.9%から今年は11.8%に減少

            - 意識度合いの変化 -
      ビジョンや使命感は、震災直後より明確に認識

         - 寄附・ボランティア活動の変化 -
  震災直後と比べ、今年は「被災地域のための寄附」への参加率は半減
寄附・ボランティア活動に参加できなくなった理由「将来の増税不安」5人に1人

    寄附文化やボランティア精神が成熟していくために必要なもの
  1位「景気回復」、2位「税制面の優遇」、その他「募金団体の透明性」

  20代・30代、高齢層に比べ「助け合い」「絆」に対する意識が高い

……………………………………………………………………………………………
 インターネットを活用して新しい生命保険サービスを提供するライフネット生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 出口治明)は2012年2月14日~2月20日の7日間、20~59歳の男女を対象に、東日本大震災後の意識・行動変化に関する調査をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)で実施、6,000名の有効回答を集計しました。

■■アンケート総括■■

~ 第1章 東日本大震災前後での変化 ~

 全国の20~59歳の男女6,000名(男性3,000名・女性3,000名、男性20代、男性30代、男性40代、男性50代、女性20代、女性30代、女性40代、女性50代の各750名)を対象に、東日本大震災以前と東日本大震災以後における、世帯年収の変化、意識や行動の変化について聞きました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング