【中古車に関するアンケート調査】中古車の所有者は2割強、自動車所有者の3割。購入時の情報源は「中古車販売店の店頭」「家族・友人・知人」「中古車専門店サイト」が上位

PR TIMES / 2014年11月6日 10時16分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、3回目となる『中古車』に関するインターネット調査を2014年10月1日~5日に実施し、11,485件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19508/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■中古車所有者は全体の2割強、自動車所有者の3割。直近で手放した車の処分方法は、「現在所有車購入店舗で下取り」が全体の4割強で最多
■中古車購入時の情報源は、「中古車販売店の店頭」「家族・友人・知人」「中古車専門店のホームページ」が上位
───────────────────────────────────────────



◆中古車の所有状況、直近で手放した所有車の処分方法
中古で購入したクルマを持っている人は全体の22.2%、自動車所有者の3割です。最もよく利用する中古車の種類は、「軽自動車」(31.9%)が最も多く、「セダン」「ミニバン」「コンパクトカー」が1割台で続きます。北陸・中国・四国・九州では、「軽自動車」が4割を超えます。

直近で手放した車の処分方法は、「現在所有車購入店舗で下取り」(43.8%)が最も多く、「廃車にした」「車買取専門店で売った」が各1割前後で続きます。現在所有している中古車を『整備工場』や『個人売買』で購入した人では、「廃車にした」が最も多くなっています。


◆中古車購入時の関与度
中古車所有者に購入時のかかわり方を聞いたところ、「自分の意見で選んだ」が46.3%、「主に家族の意見で選んだが、自分もかかわった」が28.5%と、購入に関わった人は7割強です。「自分の意見で選んだ」は、男性7割弱、女性2割強となっています。女性は「自分はかかわっていない」が3割強みられます。


◆中古車の購入場所、購入金額
中古車購入関与者に、中古車の購入場所を聞いたところ、「ディーラー系中古車販売店」が40.1%、「一般中古車販売店」が29.1%、「整備工場」が11.4%となっています。購入金額は、「70万円~100万円未満」「100万円~150万円未満」がボリュームゾーンです。『軽自動車』『軽ワゴン』利用者では「70万円~100万円未満」、『ミニバン』『クーペ』利用者では「100万円~150万円未満」、『セダン』利用者では「200万円以上」がボリュームゾーンです。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング