エフセキュア、イーセクターとアンチ・マルウェア製品展開で戦略的パートナーシップ締結

PR TIMES / 2014年8月28日 13時53分

エフセキュア株式会社(本社: 東京都港区、カントリーマネージャ: アリエン ヴァン ブロックランド、以下 エフセキュア)は、株式会社イーセクター(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 田原冨士夫、以下 イーセクター)と仮想環境向けアンチ・マルウェア製品を中心とするビジネス展開で戦略的なパートナーシップを締結いたしました。


現在、企業の規模を問わず、情報システムのインフラのクラウド化や仮想化が急速に進んでいます。一方、仮想化基盤は各社ごとに異なるユーティリティ機能が存在するため、アンチ・マルウェア製品の導入設定を行う際にはそれら仮想化基盤固有の機能に関するノウハウが重要となります。

エフセキュアは仮想化やVDI環境下でのセキュリティソリューション「エフセキュア 仮想スキャンサーバ」をご提供しておりますが、更に仮想環境へのスムーズな移行を促進することを目的に、イーセクターと戦略的なパートナーシップを締結いたしました。イーセクターは、専任の技術者を配備し、「エフセキュア 仮想スキャンサーバ」のみならず、物理環境と仮想環境、およびサーバとクライアントの混在環境上のアンチ・マルウェア製品の設計や構築の支援並びに保守サービスを、パートナーおよびユーザーへ提供します。

エフセキュア株式会社のカントリー・マネージャ、アリエン・ヴァン・ブロックランドは「イーセクターの、卓越したセキュリティソフトウェアの販売・サポート力と、最新システム基盤に対するノウハウが、仮想化やクラウド化の促進のためのメニューとして提供開始されたことに、深く賛同申し上げます。エフセキュアはイーセクターの先進的な取り組みの戦略的パートナーとして選ばれたことを誇りに思い、今後も優れたセキュリティ環境を提供してまいります。」と述べています。

「エフセキュア 仮想スキャンサーバ」はクラウド・サービスや仮想化環境でのシステム構築が益々普及して行く時代に向け、脆弱性攻撃、標的型攻撃などに対しても高い防御能力を持ち、これらを最適化されたリソース消費で実現する画期的なアンチ・マルウェアソリューションです。「エフセキュア 仮想スキャンサーバ」はMicrosoft Hyper-V、VMware vSphere、Citrix XenServerなどさまざまなハイパーバイザーをサポートしており柔軟性と拡張性を実現したセキュリティ対策を提供します。


*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング