ウイルス対策ソフト「ESET Endpoint Protection シリーズ」大学・短大向けキャンパスライセンスを販売開始

PR TIMES / 2014年4月24日 10時23分

~在籍する学生数と教職員数でライセンス数をカウント~

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、ウイルス対策ソフト「ESET Endpoint Protection シリーズ」の大学・短大向け製品のキャンパスライセンスを、本日4月24日(木)より販売開始します。



■ ライセンス数の管理負荷を軽減

現在、大学や短大において、在籍する学生や教職員の個人所有PCのみならず、タブレットやスマートフォンの学内ネットワーク接続を認めるケースが増えています。それらの多様化する端末に対しても、ウイルス対策の導入は欠かせないため、端末数の頻繁な増加にも対応できるシンプルなライセンス体系をもった製品が求められています。ESETのキャンパスライセンスはウイルス対策を導入する端末台数や端末種別に依存することなく、在籍中の学生・教職員の人数に応じてライセンスを購入できる大学・短大向けの製品です。また、端末台数や在籍者数が増えた場合でも次回更新までの期間は追加費用が不要なため、所有ライセンス数量の管理負荷を大幅に軽減できます。

■ キャンパスライセンス製品概要

・製品名
 ESET Endpoint Protection Advanced キャンパスライセンス
 ESET Endpoint Protection Standard キャンパスライセンス

・購入対象
 大学所有の端末および大学が使用を認めた在籍中の学生・教職員の個人所有端末
 (PC、タブレット、スマートフォン)

・ライセンスカウント方法
 在籍中の学生数+在籍中の教職員数(最小ライセンス数:1,000人)

・ライセンス購入
 ・1年単位(* 2年以上は応相談)
 ・更新までの期間において、端末台数/在籍者数の増加によるライセンス追加購入不要
  * 大学の合併、学部追加など、使用者数が大幅に変更になる場合は除く

・販売価格
 個別見積り対応 
 (参考価格) ESET Endpoint Protection Standard キャンパスライセンス1000人の場合、¥600,000[税抜き]

■ キャンパスライセンスと他のESET教育機関向け製品の違い

 1.キャンパスライセンス
  ・購入対象 
   文部科学省認可の国公立大学、私立大学、短期大学
  ・ライセンスカウント方法
   在籍中の学生数 + 在籍中の教職員数
  ・製品種別
   ESET Endpoint Protection Advanced
   ESET Endpoint Protection Standard
  ・価格
   個別見積り対応
    (参考価格) Standard 1,000人の場合 ¥600,000[税抜き]

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング