JTBモチベーションズ<7つの組織行動力調査>

PR TIMES / 2014年2月19日 12時27分

●企業人が考える「会社にとって重要なこと」、1位は「顧客満足」、イノベーションの重要度は認識が低い
●組織の強みは「顧客満足」への行動、弱みは「企業理念の実現」
●「目標達成」への「意欲」を「行動」につなげるのは、「自分化の促進」や「ほめる」こと
●保険業界は「顧客満足」の組織行動が大きな強み、「企業理念の実現」「イノベーション」が組織の課題
●医薬品・医療機器の製造業界は「目標達成」が最大の強み、「顧客満足」を上回る
●システム・ソフトウェア関連業界は、7つの組織行動全般が弱く、強みが顕在化していない

<「企業理念の実現」の施策見直し、イノベーションへの意識を個人と組織ともに高める>




 JTBグループで、働く人のモチベーション向上を目的とした企業コンサルティングを行う株式会社ジェイティービーモチベーションズ(東京都港区 代表取締役社長:上田泰志)(以降JTBモチベーションズ)は、「7つの組織行動力調査」の報告書をまとめました。

本調査は、企業成果を左右する従業員の重要な行動を「組織行動」とし、これを4つの軸で7つに分類、重要度、企業の取り組み、職場における状態を詳細に分析したもので、企業が、組織開発、人材育成施策、モチベーション向上施策を策定する際の有用な資料とすることを目的としています。10業界、計2060名と幅広い層を対象にアンケートデータを収集し、多くの企業の活用に耐える仕様としています。

※詳しい調査レポートは、JTBモチベーションズのHP http://www.jtbm.co.jp/ から問合せいただけます。


<調査結果の概要>
本調査は、従業員の職場における行動を、4つの軸で7つに分類し、「モチベーションを基盤とした7つの組織行動モデル」を設定しました。本調査は、このモデルをもとに設計、分析を行っています。

1.企業人が考える「会社にとって重要なこと」、1位は「顧客満足」、イノベーションの重要度は認識が低い
7つの組織行動について、「あなたの会社にとってどの程度重要だと思うか」を聞き、5段階での最高位の「重要である」と答えた人の割合を算出しました。
「顧客満足」が62%で突出して高く、以下「目標達成」(46%)、「改善・進化」(41%)が続きました。「革新・創出」は34%と低く、企業経営者の間では課題認識の高い、いわゆる「イノベーション」の概念

2.企業で最も取り組みが行われているのは、「顧客満足」「企業理念の実現」「目標達成」
7つの組織行動について、「あなたの会社では、組織としての施策や取り組みがどの程度行われているか」を聞き、「行われている」「まあ行われている」と答えた人の割合を算出しました。
重要度が最も高かった「顧客満足」は、企業の取り組みについても46%と、最も行われていましたが、「理念実現」44%、「目標達成」44%もほぼ同程度でした。
「部署間協力」は28%、「革新・創出」は30%と低く、取り組みがあまり行われていないことが明らかになりました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング