初版刊行以来、数百万人に読まれてきた世界的ベストセラーが待望のリニューアル。 『人生を変える80対20の法則 <増補リニューアル版>』発売!

PR TIMES / 2018年8月30日 16時1分

法則実践への新しいアプローチを示す最新情報を大幅増補!
ムダな努力をせず、最小限の努力で最大限の成果を上げる人になろう。




[画像: https://prtimes.jp/i/11369/193/resize/d11369-193-315445-0.jpg ]


初版刊行より20年を記念してアップデートされた増補リニューアル版。

「利益の80%は顧客の20%がもたらす」「仕事の成果の80%は費やした時間の20%から生まれる」……インプットとアウトプットの関係には必ず不均衡が伴うことを発見した「パレートの法則」をビジネスや人生に応用し、成功を導くための手引き。


二〇周年記念版への序文

八〇対二〇の法則は進化している──この本だけでなく、法則自体が。この二、三〇年で、ビジネスも、社会も、個人の生活も、信じられないほど大きく変わった。そして、八〇対二〇の法則がどんな仕組みなのか、なぜこの法則が有効なのかについての理解も変わってきた。それが、この版で付け加える必要があった点である。

八〇対二〇の法則は、かつてないほどあちこちで目につくようになった。そしてその重要性を増している。以前はこの法則を活用した人が圧倒的に有利になったが、今後は基本的なツール、成功や幸福を望む人には欠かせないツールになるだろう。

そもそも、この二、三〇年に何が起きたのか。要約すると、三つのことが起きた。

(1)少なくとも成長力と収益力で、トップダウン型の大企業がネットワーク型企業に敗れた。アップルやグーグル、フェイスブック、ウーバー、アマゾン、イーベイ、ベットフェアといったネットワーク型新興企業の成長が著しい。こうしたネットワーク型企業が社会を席巻しつつあるため、八〇対二〇現象が至るところで目立つようになっている。

あらゆるネットワークは、正のフィードバック・ループを示す。大企業はますます大きくなり、金持ちはますます豊かになり、有名人はますます有名になる。そしてネットワークは──社会に役立つネットワーク(ネットワーク型企業や、それらが支援する慈善団体など)も、有害なネットワーク(麻薬組織やテロ組織など)も──資金力をつけ、影響力を増していく。

新たに加えた第17章では、ネットワークとは何か、ネットワーク型企業とは何かを説明する。そして、意欲があるならネットワークあるいはネットワーク型企業で働くべし、とアドバイスする。

(2)過去一〇〇年で認識されるようになった八〇対二〇のパターンは、七〇対三〇から九〇対一〇まで幅はあるが、驚くほど一貫性があった。だが最近では、九〇対一〇、さらには九九対一への移行が急速に進んでいる。

新たに加えた第18章では、原因と結果の不均衡がさらに極端になっていること、予想できない出来事や富の急速な変化が起こりえること、法則が影響力を増していることを論じる。

(3)成功と失敗、充実感と失望、幸福と悲惨を分けるルールがいくつかある。新たに加えた第19章では、わたしが大切にしている五つのルールを教えよう。

発見したことが、もう一つある。八〇対二〇の法則の最たるものが、これまでの版には含まれていなかった。新たに加えた第16章では、あなたの人生に好ましい影響を与えてくれる、超有望な「秘密の友」について書いた。秘密の友は、とくに意識しなくても、電光石火のごとくはたらいてくれる。そして、この秘密の友は、正しく訓練すれば、あなたの生活を変えてくれる。ただ、これにはちょっとした努力が必要だ。コツはトレーニングの方法を身につけること、秘密の友を解読する方法を身につけることだ。第16章でその方法を示そう。

これですべて揃った。四章分が加わり、八〇対二〇の法則をテーマにした本書はさらに充実したものになったはずだ。この朗報を大いに宣伝してもらいたい。

原著の初版The 80/20 Principleは、すでに三六の言語に翻訳され、一〇〇万部以上売れている。この二〇周年記念版は、さらに充実した内容になっていると自負しており、記録を塗り替えることを期待している。

これまでの成果については、読者に深く感謝している。読者は、この本の恩恵を受けたし、宣伝もしてくれているだろう。いただいた手紙やメールから、いかに多くの人が八〇対二〇の法則を知って感激したかがわかった。今後もそうであってもらいたい。すべての読者に感謝したい。わたしはあなた方の人生に影響を与えたかもしれないが、あなた方こそわたしの人生にたしかな影響を与えてくれたのである。

リチャード・コッチ

richardkoch8020@gmail.com

二〇一七年三月、ジブラルタルにて


http://books.cccmh.co.jp/list/detail/2269/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング