トランスコスモス、アクセス解析ソリューション「ビジョナリスト」の レコメンデーション広告連携サービスをデジタルフォレストと共同開発、販売開始 ~タグ管理の簡易化により、運用負担を軽減~

PR TIMES / 2012年10月4日 11時50分



トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、アクセス解析ソリューション「Visionalist(ビジョナリスト)」の開発元である株式会社デジタルフォレスト(本社:東京都台東区、代表取締役社長:早川哲司)と共同で、「Visionalist(ビジョナリスト)」レコメンデーション広告連携サービスを開発しました。10月4日よりサービス提供を開始します。

近年、行動ターゲティングやリターゲティング広告のような高度なマーケティングソリューションのニーズが高まる一方、その多くが導入時にタグ設定を必要とするため、タグの追加に伴うWebサイト改修コストや作業負担が、マーケティングソリューション導入の障壁ともなっています。また、ソリューションの高度化に伴い、PDCAサイクルに必要なデータも、コンバージョン数だけではなく、コンバージョンに至る一連のユーザー行動全体と紐付けたデータが求められるようになっています。こうした課題を「Visionalist(ビジョナリスト)」による一元管理・運用体制によって解決するべく、新サービスの共同開発を行いました。

トランスコスモスは「Visionalist(ビジョナリスト)」の販売代理店として、2002年6月より販売を開始しており、多く(100社以上)のお客様企業への導入・運用実績があります。共同開発したレコメンデーション広告連携サービスは、インターネット広告からWebサイト構築・運用、アクセス解析・分析まで、一連のサービスを提供する中で培ったノウハウを活かしたもので、レコメンデーション広告連携時のタグ設定工数、作業負担を軽減するとともに、タグを一括管理することが可能になりました。主な特徴は以下のとおりです。

●「Visionalist(ビジョナリスト)」レコメンデーション広告連携サービスの特徴
1.広告配信・測定・サイト内解析タグを一括管理
2.タグの追加や削除に伴う、サイト改修費用と作業工数を削減
3.新広告商材の利用に伴う導入障壁を解消
4.詳細なユーザーデータに基づくより効率的なPDCAサイクルの実現

「Visionalist(ビジョナリスト)」レコメンデーション広告連携サービスは、レコメンデーション広告サービス「デクワス.AD」(サイジニア社提供)、「おもてなしバナー」(TAGGY社提供)を対象としています。「Visionalist(ビジョナリスト)」を導入済みの場合は、Webサイトに新たなタグを挿入することなく、これらの広告を導入することが可能です。今後、ほかのマーケティングソリューションとの連携機能も、順次追加していく予定で、「Visionalist(ビジョナリスト)」のさらなる拡販を目指していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング