【ザ・キャピトルホテル 東急】50周年記念企画第五弾 「50周年特別プラン 秋の宵」 日本料理「水簾」

PR TIMES / 2013年9月13日 11時39分

懐石・寿司・鉄板焼を特別個室で堪能する贅を尽くした特別コース (お1人さま 50,000円 / 2013年9月1日~10月31日)

 ザ・キャピトルホテル 東急(千代田区永田町、総支配人:但馬 英俊)は、2013年6月20日で、1963年の創業より50周年という節目のときを迎えました。日ごろからご愛顧いただく皆様へ感謝の気持ちを込め、50周年を記念した様々なフェアやキャンペーンを6月より順次開催してまいりました。
 オールデイダイニング「ORIGAMI」にて伝統メニューの「排骨拉麺」などをコース仕立てで提供した「リヴァイバルディナー」が第一弾としてスタートし、第五弾となる今回は、2013年9月1日(日)から10月31日(木)まで、日本料理「水簾(すいれん)」3F(LF)にて、創業50周年を記念した贅を尽くした特別コース「秋の宵」(1名様 / 50,000円 税サ込み)を販売しております。




 


 50年という歴史を継承し新たに2010年に開業した当ホテルのメインダイニングである日本料理「水簾」では、  伝統的でありながら、創意工夫を凝らした逸品をご提供しております。そんな「水簾」でご提供する特別コースは、   “懐石料理”に始まり、メインを“鉄板焼”でご提供し、コースのしめには“寿司”をご用意いたします。旬の食材である“松茸”を使用した「松茸の土瓶蒸仕立」や「松茸の炭火焼と鮑の料理」、ブランド牛である“飛騨牛”を店内の鉄板焼カウンターで調理しご提供する「飛騨牛 サーロインステーキ」、このプランの贅沢な特典として、お食事には、新鮮なネタを寿司職人がお客様の目の前で握る寿司のご用意など、旬の食材と高級食材をふんだんに使用し「水簾」の職人達が心を込めて仕立てるコース料理をご堪能ください。


 このプランのもうひとつの特典は、こちらの特別コースを「水簾」特別個室「月」でお召し上がりいただくことです。店内専用エレベーターでご案内する特別個室「月」は、伝統的な茶室の床の間をコンテンポラリーに表現した個室で、日枝神社の杜に隣接し雪見障子からは柔らかな光、夜には石組の滝から落ちる水池に映り込んだ月を愉しめるなど、  四季の移ろいを感じることができる空間です。「秋の宵」は、この特別個室でのみご提供する、食材も空間も水簾の贅を尽くした特別コースです。


 長きに渡りご愛顧いただく皆様へ、感謝の気持ちを込めて企画した、当ホテルが自信を持ってご提供する特別コースです。四季の移ろう和らぎの空間で、「和のおもてなし」と共に至極のひと時をお愉しみください。
 これから歩むさらなる半世紀も、当ホテルを訪れる皆様に「心和らぐ上質なひととき」をお愉しみいただけるよう、様々なプランを企画してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング