QLifeの月間利用者数が500万人を突破。名実ともに日本最大級の病院・医薬品検索サイトに ~「お薬検索」ページのリニューアル、医療者向けアプリが利用者数増に貢献~

PR TIMES / 2012年1月12日 15時15分



総合医療メディア会社の株式会社 QLife(キューライフ/代表取締役:山内善行、本社:東京都世田谷区)では、運営する病院検索・医薬品検索・医療情報サイト「QLife」(http://www.qlife.jp)ならびにアプリ(スマートフォン、タブレット端末上で動くソフト)の月間利用者数(平成23年12月)が500万人を突破した。病院や医薬品に関する情報を患者自身が積極的に学習することが一般化しつつあることに加えて、「お薬検索」ページのリニューアルや、患者・医療者向けのスマートフォン、タブレット端末向けアプリが利用者を飛躍的に増加させた要因となった。

【「お薬検索」ページのリニューアルについて】
2012年1月11日現在、全242社17787種の医薬品を掲載、医師からもらう処方薬だけでなく、薬局で買える市販薬(OTC医薬品)も検索できる日本最大級の医薬品検索サイトが2011年12月にリニューアル。従来のキーワード検索に加えて、分かりやすいアイコンによる疾患別検索で検索性をさらに向上。リニューアル前後の1か月で利用者数が約10%増加した。
「QLifeお薬検索」はこちら⇒ http://www.qlife.jp/meds/

【QLifeアプリについて】
患者ならびに医療者向けに多様なアプリをリリース。すべて一切無料で利用できることもあり、利用者数を伸ばしている。なかでも、患者説明用補助ツールアプリ「医療ボードPro」と医療用医薬品の詳細な情報が分かるアプリ「添付文書Pro」はリリース以来、App Storeでのメディカルカテゴリのダウンロードランキングで上位を占めるなど、大きな注目を集めている。

■医療ボードPro【iPad用アプリ】
治療や検査内容の説明、栄養指導など、医療者が患者さんに説明を行う際の補助ツール。
アドヒアランス向上だけでなく、コメディカルが説明者となることで、忙しい医師の時間節約にも貢献するほか、スライド集は様々な領域のシリーズがオンラインから取得する事が可能。
ダウンロードはこちら⇒ http://itunes.apple.com/jp/app/id394861113?mt=8

■添付文書Pro【iPhone、iPad用アプリ】
「オフラインでも検索可能」「最新の添付文書データを随時反映」が大きな特長。さらに包装写真は、アンプルから点滴薬に至るまでほぼ全ての医薬品をカバーするだけでなく、バラ品ボトルや旧ヒートも多く収録した。また、薬価や副作用、禁忌などをわかりやすく独立して表示するほか、全国の処方実績に基づいた疾患別の処方ランキング情報がわかるなど、医療現場ニーズに即した仕様となっている。ダウンロードはこちら⇒ http://itunes.apple.com/jp/app/id467352729?mt=8

■日本薬局方第16版【iPad用アプリ】
薬事法第41条に基づき、医薬品の性状および品質の適正を図るために定められた医薬品の規格書。新規に薬局を開設の際にも「備え付けるべき書籍」の一つ。
ダウンロードはこちら⇒ http://itunes.apple.com/jp/app/id399206319?mt=8

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング