イオン銀行ATMにおける海外発行カードでの日本円引出しサービスが拡大

PR TIMES / 2014年6月27日 11時22分

~日本初!ICカード取引の国際標準規格(EMV)仕様ATMの導入~

イオンフィナンシャルサービス株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長:山下 昭典、以下、当社)と株式会社イオン銀行(本店:東京都江東区、代表取締役社長:森山 高光)は、イオン銀行ATMにおいて、ICカード取引の国際標準規格であるEMV仕様(※)に準拠した取引システムを導入し、MasterCard(本社:アメリカ、ニューヨーク州)およびVisa Inc.(本社:アメリカ、カリフォルニア州)から認証を受け、サービスを開始しましたので、お知らせいたします。

なお、EMV仕様ATMの導入はイオン銀行ATMが日本で初めてとなります。

※Europay、MasterCard、Visaの国際3ブランドが合意したICカードの統一規格で、金融分野におけるICチップを用いたカード取引の国際デファクト標準のこと。

本対応により、MasterCard(R)、Visaブランドのキャッシュカード、クレジットカードでの日本円のお引出し、残高照会サービスがICチップを用いた取引でご利用可能となるため、高いセキュリティを確保できるようになりました。

当社は2007年より、全国のイオングループ店舗を中心に、イオン銀行ATMの設置を進めてまいりました。イオン銀行ATMは、365日いつでもご利用可能なイオンカードセレクトやイオンバンクカードによるお取引き、電子マネー「WAON」のチャージやポイント交換等に加え、提携金融機関のカードでのお取引きにも広くご活用いただいております。この度のEMV仕様の導入により、海外発行のカードでの日本円引出しサービスも利用可能となり、ますます便利にご活用いただけるようになりました。EMV仕様のATMは、海外からのお客さまが多くご利用になるイオンモールやミニストップ等のイオングループ店舗、成田国際空港や東武浅草駅等の空港や駅へ順次導入を進めており、今後拡大してまいります。

イオングループは、今後も増加が予想される海外から来日されるお客さまに、イオンにご来店いただき、お買い物を楽しんでいただきたいと考えております。当社は、今後もイオンと連携し、安全・安心、便利でお得な金融サービスの提供に努めてまいります。

【イオン銀行ATMでご利用いただける海外発行カード】
・マスターカード
・マエストロ
・シーラス
・ビザ
・プラス
・銀聯

以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング