ウェビナー10/22開催「国内最大級のテレビ視聴データを用いた新たなデジタルコミュニケーション施策」

PR TIMES / 2020年10月9日 14時15分

~大手テレビメーカー複数社と実現~

SMN株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:石井 隆一、以下SMN)は、テレビ視聴データのマーケティング活用をテーマに、ウェビナー「テレビ視聴データを用いた新たなデジタルコミュニケーション施策」を、2020年10月22日(木)に開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/13903/196/resize/d13903-196-363231-0.jpg ]


近年、生活者のテレビ視聴形態は、従来のテレビ番組をはじめインターネット視聴など、大きく拡がっています。また、メディア接触行動も、テレビと同時にスマートフォンを視聴するなど、多様化しています。

本セミナーでは、国内最大級のテレビ視聴データをベースに、テレビ、PC、スマートフォンを横断した広告配信とその運用方法をはじめ、テレビ視聴ユーザーのPC、スマートフォン広告の接触行動の可視化による態度変容の計測とプランニングなど、新サービス「Connected TV Data Bridge」(TVBridge/ティービーブリッジ)の運用事例を交えてご紹介します。

                 【概要】
■セミナー名:「国内最大級のテレビ視聴データを用いた新たなデジタルコミュニケーション施策」~大手テレビメーカー複数社と実現~
■開催日時:2020年10月22日(木)14時~15時
■参加費用:無料
■定員:500名
■主催:SMN株式会社
■予定プログラム
 1)メディアにおける生活者の視聴形態と接触行動の多様化
 2)「TVBridge」開発経緯とサービス紹介
 3)期間限定キャンペーンのご紹介
 4) 質疑応答
 ※ プログラム内容は、変更する場合がございます。ご了承ください。

■対象:以下の課題を抱える企業のマーケティング担当者、広告代理店担当者
・新たな新規顧客リーチ施策を検討している方
・テレビCMの効果計測やPDCAに課題を感じている方
・テレビCMとWEBの統合的なマーケティングに課題を感じている方

■講師:高岡 滋(SMN株式会社 事業戦略室 室長)
広告代理店でのマーケットプレイスの立ち上げや運営及び広告企画を経験後、大手グルメサイトにてビッグデータを活用した広告・サービスの責任者として新規事業の立ち上げや運営を行う。2016年にSMN入社。マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」の企画立案から利用推進を実行するとともに、テレビ視聴データ広告配信サービス「Connected TV Data Bridge」(TVBridge)のビジネス責任者として、デジタルマーケティングとAIを連携した事業立案と新規開拓に取り組んでいる。

■申し込み:事前登録制のため下記フォームより申し込み下さい
https://zoom.us/webinar/register/6516010018310/WN_sUPuA-7ESFqQn_BTfAEMjA

当日は、期間限定キャンペーンもご紹介しますので、検討中の方も是非ご参加ください。

※法人対象のセミナーのため、個人でのお申し込みは受け付けておりません。
※主催企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります。


SMNは、大手テレビメーカー複数社のテレビ視聴データを活用した新たな広告配信サービス「Connected TV Data Bridge」(「TVBridge」)を開始しています。

■参考「TVBridge」 < https://tv-bridge.com/ >
1.日本最大級のテレビ視聴データを「TVBridge DMP」により管理
各社のインターネットに接続されたテレビが取得する視聴時刻に基づいたCM視聴、番組視聴を軸とした日本最大級のテレビ視聴データを、専用のDMP「TVBridge DMP」に集約し、SMNが管理いたします。「TVBridge DMP」では、今後も拡大するテレビ視聴データを活用した、新たなターゲット手法を用いて効果的な広告施策を実現します。なお、「TVBridge DMP」に集約されたデータを基に、ソーシャルメディアなどの広告プラットフォームと連携した配信も行うことができます。

2.広告配信を基に、リアルデータを用いたPDCAサイクルを実現する「TVBridge Ads」
「TVBridge」による広告配信機能「TVBridge Ads」は、SMNがDSP「Logicad」で培った広告運用や配信実績を活用するものです。特に、自社のテレビCMや対象のテレビ番組の視聴データを基に、ターゲットの興味対象を判別し、ブランディング領域を含む商材の特性に応じた広告配信が可能となることで、より明確なターゲットセグメントへのリーチを行います。さらにマーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」との連携により、態度変容やブランドリフト効果の検証、課題の抽出、可視化を行います。加えて、アンケート調査、購買行動データとの紐づけなどを行うことで、統合的なマーケティングプランのPDCAサイクルを実現します。

■イメージ図
[画像2: https://prtimes.jp/i/13903/196/resize/d13903-196-621176-1.jpg ]


■SMN株式会社 < https://www.so-netmedia.jp/ >

2000年3月に設立。ソニーグループで培った技術力をベースに、マーケティングテクノロジー事業を展開しています。「技術力による、顧客のマーケティング課題の解決」を実現するため、ビッグデータ処理と人工知能のテクノロジーを連携し進化を続けています。現在、DSP「Logicad」、マーケティングAIプラットフォーム「VALIS-Cockpit」、実店舗事業者向けマーケティングプラットフォーム「Marketing Touch」のほか、テレビ視聴データ広告配信サービス「TVBridge」を新たに提供するなど、マーケティングに関する様々な課題解決を実現しています。

※記載されている会社名、団体名、商品名、サービス名は各社、各団体の商標または登録商標です。

<本件に関するお問合せ>
SMN株式会社 Webセミナー事務局
E-Mail: webinar_tokyo01@so-netmedia.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング