【遊園地・テーマパークに関するアンケート調査】ここ5年以内に遊園地やテーマパークを利用した人は5割、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」がトップ3

PR TIMES / 2014年12月4日 9時57分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『遊園地・テーマパーク』に関するインターネット調査を2014年11月1日~5日に実施し、10,549件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/19615/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■遊園地・テーマパークの直近5年以内利用者は5割、女性や若年層で多い
■直近5年以内に行った遊園地・テーマパークは、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」がトップ3
───────────────────────────────────────────



◆遊園地・テーマパークの利用状況
ここ5年以内に遊園地・テーマパークを利用した人は50.5%です。女性や若年層で多く、女性10代では9割、男性10代や女性20・30代では各7割前後となっています。

利用した遊園地・テーマパークは、「東京ディズニーランド」(51.3%)、「東京ディズニーシー」(45.9%)、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(25.5%)がトップ3、以下「横浜・八景島シーパラダイス」「ハウステンボス」「ナガシマスパーランド」「富士急ハイランド」が続きます。


◆遊園地・テーマパークに一緒に行った人、行くことになったきっかけ
直近で利用した遊園地・テーマパークに一緒に行った人は、「配偶者」「自分の子ども」が各5~6割です。『富士急ハイランド』利用者では「男性の友人・知人」、『よこはまコスモワールド』利用者では「恋人」が、他の層より比率が高くなっています。

直近で利用した遊園地・テーマパークに行くことになったきっかけは、「子供や家族が行きたいと言った」「自分が行きたかった」が上位2位です。「子供や家族が行きたいと言った」は男性や高年代層、「自分が行きたかった」は女性30代以下、「記念、思い出作り」「友人・知人等に誘われた」は10・20代で多くなっています。


◆遊園地・テーマパークに行くにあたり調べること
遊園地・テーマパークに行くにあたって、どのような情報を調べるかを聞いたところ、「現地までの行き方、交通手段等」「アトラクションの種類や稼働状況」が各5~6割で上位2位、以下「イベント・ショーなどのスケジュール」「割引・クーポン券」「チケット・入場券の購入方法」「園内の地図、経路」が各3割で続きます。「イベント・ショーなどのスケジュール」「チケット・入場券の購入方法」「グッズ、お土産などの情報」は、女性が男性を約10~12ポイント上回ります。また、「グッズ、お土産などの情報」は女性10~30代で多くなっています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング