アシスト、新中期経営計画「弾丸-2017」を開始

PR TIMES / 2012年1月11日 15時17分



~ 新社長 大塚辰男のもと新体制始動 ~

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:ビル・トッテ
ン/取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)は、1月1日付で社長に就任し
た大塚辰男のもと、中期経営計画「弾丸-2017」を開始しました。創業40周年
を迎える今年、新体制のもとで「メーカーを超える価値提供」という新ビジョ
ンを掲げ、独立系である強みを活かした製品ミックスと技術支援サービスとの
組み合わせにより、メーカー製品を超える価値を提供することで他社との差別
化および顧客満足の向上を目指します。

 アシストは創業以来40年間、特定メーカーに依存しない優れたソフトウェア
を国内外から発掘し、顧客ニーズにあわせ提供してきました。近年では、デー
タベース分野では「DODAI(どだい)」、情報活用分野では「AEBIS(えび
す)」、システム運用分野では「ENISHI(えにし)」など、汎用ソフトウェア
とサービスを組み合わせた独自ソリューションを提案するとともに、IT予算削
減の中、低コスト化やメーカー依存からの脱却を望む顧客向けに、オープンソ
ース・ソフトウェアの取り扱いも積極的に進めてきました。新ビジョン「メー
カーを超える価値提供」はこの点にさらに注力し、アシストがこれまで培った
ノウハウや技術支援力をもとに、商用ソフトウェアやオープンソース・ソフト
ウェア、さらに定評のある顧客対応力を組み合わせてお客様に喜ばれる価値提
供を目指すものです。

 この新ビジョンを実現するために、新体制では執行役員制度を導入し、執行
役員を長としたスピーディな意思決定を目指します。また全社戦略の企画、推
進を遂行する「経営企画室」を新設し、さらにこれまで別組織であった東日本
地区の営業部隊と技術部隊を統合して、製品分野別の「情報基盤事業部」と
「システムソフトウェア事業部」の2事業部に再編することで、データの格納
から活用、データやシステムの安全管理/効率的運用にそれぞれ特化した迅
速な顧客対応を実現します。

 また、「円滑な事業承継」と「安定した経営」を目標に2008年から進めて
きた中期経営計画「進化V(ファイブ)」に代わり、2012年より、新中期経営
計画「弾丸-2017」を開始します。弾丸のようにすばやく目標に到達というこ
とで銘打った「弾丸-2017」は、下記6つの分野を網羅する60の施策で構成さ
れ、これによって顧客に代価以上の価値を提供し、顧客とビジネス・パート
ナーにとって最高の販売会社となるというアシストの企業理念の実現を目指
します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング