ヤマハと共同でスマートフォン向けアプリ『コロプラ スタンプめぐり』の提供開始を決定

PR TIMES / 2013年8月22日 13時40分

~東京都で開催される「スポーツ祭東京2013」のスタンプラリーキャンペーンを9月11日より開始~

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)とヤマハ株式会社(代表取締役社長:中田卓也、本社:静岡県浜松市、以下「ヤマハ」)は、ヤマハが提供するINFOSOUND(TM)(※1)の技術を採用したスマートフォン向けスタンプラリーアプリ「コロプラ スタンプめぐり」の提供開始を決定しました(アプリの提供開始は2013年8月下旬~9月上旬を予定)。さらに本アプリにて、東京都で開催される「スポーツ祭東京2013」のスタンプラリーキャンペーンを2013年9月11日(水)~10月14日(月)の期間で実施します。



「コロプラ スタンプめぐり」はさまざまなスタンプラリーに参加できるアプリです。実施中のスタンプラリーに参加し、指定のスタンプスポットに近づくとスタンプを集めることができます。スタンプを集めると各スタンプラリーの対象賞品に応募できます。本アプリの第一弾スタンプラリーとして、東京都で開催される「スポーツ祭東京2013」のスタンプラリーを9月11日(水)から開始します。設定された5つのコースで一定条件を達成すると、抽選で対象賞品を獲得できるチャンスがあります。さらに、一定条件を達成した方全員に、コロプラが運営する位置情報ゲーム「コロニーな生活」内で使用できるスポーツ祭東京2013のマスコットキャラクター「ゆりーと」をモチーフにした限定アイテムをプレゼントします。本キャンペーンを通して、長きに渡り開催してきたスポーツ大会をより多くの人々に知っていただき、お楽しみいただければと思います。今後もヤマハと協力し、企業や自治体などを対象に本アプリを活用したスタンプラリーソリューションの提供を行う予定です。

コロプラは"Entertainment in Real Life"をミッションとして掲げ、エンターテインメントでネットとリアルをつなぎ、人びとの日常がより楽しく、より素晴らしくなることを目指しています。本アプリ提供を通じて、"おでかけ"につながる機会の創出を拡大させ、地域経済の活性化を図るとともにユーザの日常生活をより楽しくする一助となれればと考えています。

(※1)INFOSOUNDとは:
ヤマハが開発したデジタル情報を音響信号に変調して伝送するシステムで、データの伝送を人間にはほとんど聞こえないように行うことが可能です。「複数の受信機に同時にデータを配信(1対多配信)できる」「音量やスピーカーの指向性で到達範囲を制御することができる」「既存のスピーカー設備を利用することができる」等の特長があり、O2Oの領域を始め、幅広い分野での利用が見込まれています。 
●詳細はこちら⇒ http://jp.yamaha.com/products/soundsignage/infosound/

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング