株式会社RAVIPA代表取締役社長:新井亨(10月8日木)通販業界 最新事例共有会 限定100名の特別ウェビナーに登壇

PR TIMES / 2020年10月3日 10時45分

株式会社RAVIPA代表取締役 新井亨が通販最新事例共有会に登壇致します。



[画像: https://prtimes.jp/i/54365/199/resize/d54365-199-964458-0.png ]

https://peraichi.com/landing_pages/view/r9ei4
ウェビナー概要
日程 10月8日(木) 15時~17時00分 オンライン開催
事前にセミナー視聴用のURLを発行し送付いたしますので、
開催時間の5分前を目安に送付したURLからオンラインルームに入室頂けますと幸いです。
定員 100名
(定員を越えた場合は抽選にてご案内いたします。)
参加費 無料
お申し込みはこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/r9ei4

新規獲得が難しいからこそLTVが重要になってくる。
しかし、内心こんな事も感じていませんか?

CRM施策は既に取り組んでいる。
今よりもLTVを向上させるのは難しいと感じている。
今の市場や環境を考えると、さらなる改善は難しそう。

そんな方のために本ウェビナーを企画しました。
もし、実際にLTVアップを成功させた通販企業から
直接話しを伺えるとしたらいかがでしょうか?

メール開封率の低下や競合商品の台頭など、様々な環境変化の中で実際にLTVアップを成功させた通販企業の事例を直接事業者様から伺えるとしたらいかがでしょうか?今回のウェビナーではLINEやコールセンターを活用しLTVアップや顧客との関係値向上施策に取り組み、実績をあげている株式会社RAVIPA様に登壇して頂きます。

さらに今回は、そんなRAVIPA様の事例を支えているカートシステムとLINE拡張ツールからも「最新のLTVアップの施策」について合わせて情報をお伝え致します。
https://peraichi.com/landing_pages/view/r9ei4

プログラム内容
第一部 テモナ株式会社
平均継続回数8.7回の秘訣とは!?
リピート通販の早期立ち上げから売上向上の
3大ポイントを大公開
・コロナ禍のEC事情
└飲食店の定期通販(サブスクリプション型)EC参入,事例
・定期通販(サブスクリプション型)ECの事例
└定期通販(サブスクリプション型)ECとは
└実現できるポイント
└サブスクリプション型ECの事例
└実践に必要な3つの要素
└離脱を防ぐポイント

第二部 スタークス株式会社
EC企業と1200社以上取引してきたからわかった
EC×LINE活用全体設計図と3ステップ戦略
・アフィリエイトでの新規集客が難しい
・だからこそCRMを強化したいけどメール開封率は下がる一方
・LINEでCRMを強化したいけど、何から手を付けるべきかわからない。
そんなEC企業のためにLINE活用の全体設計図とその全体像からわかる課題を乗り越えるための3ステップ戦略をご紹介します。

第三部 株式会社RAVIPA
LTVを上げるために通販業者が今するべき取り組みとは?
お客様との関係づくりのために販売者側でできることとは?
・メールの開封率が下がっている今できるCRM戦略
・お客様にファンになってもらう顧客対応とは
・LTVが下がっている企業がするべき対策とは

https://peraichi.com/landing_pages/view/r9ei4
▼会社概要
株式会社RAVIPA
東京都豊島区池袋2丁目43−1池袋青柳ビル
代表取締役 新井亨
https://ravipa.co.jp/

▼お問い合わせ先
株式会社RAVIPA
info@ravipa.co.jp
広報担当:渕名 陽介

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング