MREALで実在の人物を3D仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムの提供を開始

PR TIMES / 2014年8月26日 10時9分

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田 和則、以下キヤノンITS)は、MR(Mixed Reality)システム「MREAL」(エムリアル)を使い、実在の人物全体を3D仮想映像空間内に正しい前後関係でリアルタイムに合成表示する人物合成映像システムの提供を、2014年8月26日より開始します。




■実在の人物とCGとの前後関係を正しく表示することで直感的な検証作業を実現
MREALを用いた設計レビューや作業性検証などの取り組みにおいて、実在の人物を仮想空間内で正しい位置関係で表示することで、体型・姿勢・動きなどを同時に把握でき、より現実に近い検証作業を実現します。
例えば、住宅販売での顧客の身長などに合わせた住設機器の提案や、工場の生産設備設計における作業者の姿勢・動線シミュレーション、車両・大型機械設計での組立・整備性の検証など、仮想物体と人物との関係の検証が求められる様々な用途で活用することができます。

■客観映像による多人数での同時評価が可能
ヘッドマウントディスプレイを装着したユーザーの視点による「主観映像」に加えて、その様子を外部定点カメラで俯瞰的に捉えた「客観映像」においても、人物合成映像を表示できます。
客観映像を大型ディスプレイに表示することで、仮想物体と人物との位置関係や動線などを多人数で共有し、評価や検討を進めることが可能になります。

■戸建住宅ショールームに採用
本システムは大和ハウス工業株式会社様の戸建住宅体感施設「TRY家Lab」の「トライエ ヴァーチャル」に採用され、キヤノンマーケティングジャパン株式会社を通じて先行導入しています。

※このシステムは、お客さまごとにキヤノンITソリューションズがMREALをカスタマイズして提供します。価格は別途お見積りとなります。


<人物合成映像システムの主な特長>

1. 特長1 実在の人物と仮想物体との前後関係を正しく表示
実写映像の特定の色を仮想映像上に重ねて表示するMREAL Platformの「カラーマスキング機能」を応用し、特定の色(クロマキー背景色:緑または青)以外の映像を対象とすることで、実写映像から人物全体を抽出します。
3Dステレオカメラの視差を利用したリアルタイム画像処理により、空間内の人物の位置を推定し、人物と仮想物体との前後関係を正しく反映して表示します。
建築物や車両・大型機械など、視野全体に仮想物体が広がるようなコンテンツでは、体の位置や姿勢、仮想物体と人との関係、人同士の位置関係などを確実に把握でき、より正確な検証作業を実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング