『ドリーム*ステーション ジョル原宿』グランドオープン

PR TIMES / 2012年3月22日 15時34分



~ 2012年4月14日(土)、「ソラド竹下通り」2階にオープン ~
原宿・竹下通りに新スタイルのエンターテインメントフードコート誕生
次世代の“夢活”を応援する「ティーンの聖地」に!


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、2012年4月14日(土)、原宿の複合商業施設「ソラド竹下通り」(東京都渋谷区神宮前1-8-2)の2階に、新スタイルのエンターテインメントフードコート『ドリーム*ステーション ジョル原宿』をグランドオープンします。

「ソラド竹下通り」は、原宿・竹下通りに地下1階、地上3階の複合商業施設として2008年3月にオープンしました。地下および1階には「WEGO」「Pinklatte」「claire’s」「repipi armario」などの人気のファッション、雑貨店や、3階にはスイーツの人気店「SWEETS PARADISE」が出店され、10代女子を中心に、竹下通りでは最大級の来場者数を誇る大型の商業施設です。
このたび、マイナビはフードコートとして展開されてきた2階を全面的にプロデュースし、新スタイルのエンターテインメントフードコート『ドリーム*ステーション ジョル原宿』としてグランドオープンします。

■ フロアコンセプト
これからの商業施設には「商品」「店」だけでなく、人を集めるための「コンテンツ」「コミュニティ」が必要であると考え、フロアコンセプトを「“HARAJUKU DREAM”~次世代の“夢活”を応援~」と設定しました。
日本の未来を元気にする次世代の「夢の発見と実現」を応援するための「学びの場」「発表の場」を世界中からも注目される「原宿」に設置します。エンターテインメントとフードコートを融合させた新スタイルのフロアに、夢や目標に向かって自らチャレンジできる環境を整えることでマイナビは、若者が将来に対して好奇心を抱き、同フロアが前向きな若者が集まる“夢の聖地”となることを目指します。


■ コンテンツ&コミュニティ展開
1.施設内のテナントやその他企業と連携した企画を用意します。企業にとっては、新商品の開発やPR方法などにおいて、ユーザーであるティーンの意見を取り入れることができ、マーケティングや売上に直結する場となります。また、ユーザーにとっては職業体験の場を得ることができるため、両者にとってメリットのある展開が可能です。
2.芸能プロダクションやレコード会社、出版社、テレビ局などと連携した「オーディション」など、夢に向かってチャレンジできる企画を多数予定しています。また、若手タレントやアイドル、アーティストの育成の場としても活用できます。
3.次世代クリエイター育成を目的とした様々なコンテストを計画中。「日本が誇れる新カルチャーを世界に」をテーマに、海外への情報発信を目的としたグローバル展開を予定しています。
4.夢にチャレンジするための「学びの場」を準備。著名な講師をお招きした「原塾アカデミー(仮)」を定期的に開催予定。オーディションやコンテストに合わせた講座も随時準備していきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング