「生食すれば医者いらず!大根おろしの薬効」microdiet.netレポート

PR TIMES / 2013年8月9日 12時32分

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート「生食すれば医者いらず!大根おろしの薬効」を公開致しました。

http://microdiet.net/diet/000366.html



昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、大根おろしは様々な面から体に良く薬効があるとされています。

大根は薬効を考えたら生で食べるのが一番です。なぜなら、大根に豊富に含まれるビタミンCや消化酵素、辛み成分は加熱すると、大幅に減少してしまうからです。
生で大根を食べるなら大根おろしが最適で、栄養素を損なうことなく量もたくさんいただくことができます。

【大根おろしにするメリット その1 酵素】
生の大根には酵素が豊富に含まれています。
アミラーゼ(デンプン分解酵素)、プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)、リパーゼ(脂肪分解酵素)などがあり、生食することで消化を助ける力を発揮します。
酵素は熱に弱く、50℃前後の温度で失活してしまうので、効果的に摂るなら加熱をせず生で食べる必要があります。

【大根おろしにするメリット その2 辛み成分】
大根をすりおろすことで生まれる辛み成分「イソチオシアネート」。ツーンと来る香りの元の成分で、わさびにも含まれています。
イソチオシアネートには解毒作用や殺菌作用、抗炎症作用があり、食中毒予防、発がん抑制、血液サラサラ効果で血栓予防、消化促進、抗酸化作用により美肌やアンチエイジングの面でも効果があるとされています。
特に大根の先端部分と皮に多く含まれているので、先端部分を皮ごとすりおろすとたくさん摂取することができます。


詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
「生食すれば医者いらず!大根おろしの薬効」をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000366.html


■microdiet.netとは

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング