【ザ・ノース・フェイス】グローバルアスリート鏑木毅選手 Hardrock Hundred Mile Endurance Run 2014で6位入賞

PR TIMES / 2014年7月15日 11時28分

株式会社ゴールドウイン(本社:東京都渋谷区/社長:西田明男/東証一部:コード番号8111)のTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のグローバルアスリートであるトレイルランナーの鏑木毅は、2014年7月11日(金)に米国コロラド州南部サンフアン山脈を舞台に開催された「Hardrock Hundred Mile Endurance Run 2014(ハードロック・ハンドレッド・マイル・エンデュランス・ラン 2014)」に参加し、28時間7分38秒 6位で完走、入賞しました。



Hardrock Hundred Mile Endurance Run 2014は、距離160km、累積標高差10,360mに加え、最高地点4,250mを含む平均標高3,300mの高地で行われる世界屈指の山岳トレイルレースです。
今年は、キリアン・ジョルネ、ジュリアン・ショリエ、セバスチャン・セニョなどのヨーロッパ強豪を、ダコタ・ジョーンズ、ティモシー・オルソン、ジョー・グラントなどの北米勢が迎え撃つ世界最高峰の戦いとなりました。
この強豪揃いのトップ争いに挑んだ鏑木選手は、スタート直後に左腸脛の筋断絶、80km過ぎの落石による顎の負傷で大量出血、100km過ぎのコース最高峰で落雷、嵐による停滞など最悪ともいえる状況の中、45歳という年齢を克服し見事な成績でレースを終了しました。
尚、この模様はTHE NORTH FACEもサポートするメディア・プロジェクト「Run like the wind ~風となって駆ける~」で紹介されます。


Hardrock Hundred Mile Endurance Run 2014サイト:http://hardrock100.com/
メディア・プロジェクト「Run like the wind ~風となって駆ける~」サイト:https://www.facebook.com/runlikeproject


【レース直後の鏑木選手のコメント】
「本日、長年の夢であったHardrock Hundred Mile Endurance Run 2014を完走することができました。北米で最も難しいと言われるこの山岳100マイルレースで6位入賞できたことは、この年齢でも世界レベルの大会で戦えることを証明し、今後の自分にとっても大きな自信となりました。レース中に落石事故、落雷などあり波乱含みの大会となりましたが、こんな中でも結果を出せたのが何よりもうれしいです。」
※落石事故で顎を怪我しレース後に手術しましたが大事には至っておりません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング