電子書籍出版・書店開設サービス「wook(ウック)」に新サービス ID・パスワードによって電子書籍の閲覧権限を管理できる機能を強化

PR TIMES / 2013年4月24日 11時52分

~最大5万件のアカウントが設定でき、会報誌の電子配信や年間購読の管理が可能に~

 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)が運営する、電子書籍出版・書店開設サービス「wook(ウック)」は、法人会員けのオプションサービスとして、掲載した電子書籍の閲覧をID・パスワードによって管理できる機能を強化した「【機能強化版】権限アカウント」を、2013 年4 月24 日(水)より提供いたします。

 株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)が運営する、電子書籍出版・書店開設サービス「wook(ウック)」は、法人会員向けのオプションサービスとして、掲載した電子書籍の閲覧をID・パスワードによって管理できる機能を強化した「【機能強化版】権限アカウント」を、2013年4月24日(水)より提供いたします。


 電子書籍出版・書店開設サービス「wook」は、「誰でも簡単に電子書店を開設できる」をコンセプトにした電子書籍・出版ソリューション事業です。インターネット上に独自の電子書店を開設でき、簡単な操作で電子書籍の作成や販売が可能です。また、「wook」で提供される電子書籍は、パソコンだけでなく、iPad・iPhone・Android端末でも専用ビューアアプリを使用して閲覧が可能です。
 「wook」には現在800店を超える出店があり、自分の作品を電子化して出版したいという個人会員の他に、カタログや地域情報誌を電子化して配信したり、電子書籍の作成や電子書店の開設をおこなう法人会員にも、広くご利用いただいております。

 今回提供する「【機能強化版】権限アカウント」は、法人会員向けプランのオプションサービスです。電子書籍の購読者にID・パスワードを設定することで、書籍の閲覧を制限できる機能「権限アカウント」の強化版で、標準サービスで設定できるアカウントが最大50件であるのに対し、オプションサービスを追加することにより、最大で5万件まで設定するこが可能となります。
 従来、電子書店に公開した書籍は、原則として誰でも購読・閲覧できる状態となりますが、このサービスを利用して多数の購読者にアカウントを設定すれば、購読者ごとに閲覧できる書籍に制限をかけたり、書籍の閲覧開始日・終了日を設定することが可能となります。これにより、これまで電子書籍では難しかった購読者を限定した有料会報誌の配信や、年間購読の管理など、購読者をより絞り込んだ電子出版サービスが実現できるようになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング