アシスト、データベース・システムの迅速な導入とシンプルな管理を可能にする「Oracle Database Appliance」提供開始

PR TIMES / 2012年2月21日 15時35分



~ スモールスタートも可能な高可用性データベース・システムの追加により、
  DODAIラインナップが大幅強化 ~

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、取締役社長:大塚 辰男、略記:
アシスト)は、「Oracle Database」を中核とした高可用性データベース・シス
テムをハードウェアとセットにした「Oracle Database Appliance」(開発元:
米国Oracle Corporation)の提供を本日より開始します。

 企業の中核であるデータベース・システムの構築は、ソフトウェアだけでな
く、ハードウェア、ネットワークなどが複雑に関わってきます。アシストで
は、それらを意識せずに簡単かつ短期間に構築可能なデータベース・インフラ
を目指して、最適なハードウェア/各種ソフトウェアの選定から、ノウハウに
基づいた設計、事前の動作検証、導入後の保守サポートまで1セットにした
データベース基盤ソリューション「DODAI(ドダイ)」を提供してきました。
今回アシストでは、設置したらすぐに利用できる家電アプライアンス的発想の
「DODAI」ラインナップに、高可用性データベース・システムの迅速な導入とシ
ンプルな管理を可能にする「Oracle Database Appliance」を新たに加え、積極
的に販売していくことになりました。

 「Oracle Database Appliance」は、「Oracle Database 11g Enterprise
Edition」に、運用管理ツール、サーバ、ストレージ、ネットワークなどデータ
ベース・インフラとして必要な構成をセットで提供します。煩雑な導入作業は
一切不要で、電源を入れてから2時間程度でデータベース・システムが利用可能
になります。また、稼働コア数での課金というライセンス・モデルにより、ス
モールスタートが可能なだけでなく、ハードウェアを変更せず容易に拡張する
ことができます。

 さらに、このライセンス・モデルにより、「Oracle Database 11g
Enterprise Edition」の高度な機能を低コストで利用でき、災害対策やバック
アップ構成を非常に短期間かつ容易に実現できるという大きなメリットがあり
ます。アシストでは、工数やコストの大幅な削減と信頼性を同時に実現し、ビ
ジネス規模に応じてデータベース基盤を拡張するための最適なソリューション
として、顧客企業に対し「Oracle Database Appliance」を積極的に提案して
いきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング