BSIジャパン、株式会社葵総合保険にISO 39001、ISO 27001、ISO 10002の3規格を認証

PR TIMES / 2013年12月4日 14時13分



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 竹尾 直章、以下BSIジャパン)は、株式会社葵総合保険(京都府京都市 代表取締役 辻本 一三、以下葵総合保険)へISO 39001(道路交通安全マネジメントシステム)、ISO 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)、ISO 10002(苦情対応マネジメントシステム)の3規格の認証を実施しました。
※認証登録日:2013年11月14日(ISO 39001/ISO 27001)、2013年10月18日(ISO 10002)

 葵総合保険は、『お客様への最高の安心とサービスの提供』を基本理念とし、京阪滋賀地区を中心に損害保険代理業、生命保険の募集に関する業務などの事業を展開しています。葵総合保険ではこのたび、さらなる顧客満足の向上や確かな情報セキュリティマネジメントの構築、また保険業として率先して交通安全に対する取組みを強化するため、BSIジャパンからISO 39001、ISO 27001、ISO 10002の3規格をBSIジャパンより取得しました。

株式会社葵総合保険 代表取締役 辻本 一三 様からのコメント
◆ISO認証取得の目的
ISO 39001について;
危険運転等の法改正後死亡事故は減少したものの、高齢者の事故など自動車事故は増加傾向にあり、自動車事故による保険会社の保険金の支払いは増加しています。自動車保険制度の健全な維持のためにも交通安全に対する更なる取組みは必須です。日常自動車を使用するものとしての責任、また地域の安全運転のリーダー的存在になるために、取得を目指しました。

ISO 27001について;
弊社は個人、法人の機密情報を多く扱います。正しく管理できる体制を構築するために、プライバシーマークよりさらに一歩踏み込んだISO 27001を取得し実践していくことがお客様への責任と、重く受け止めております。

ISO 10002について;
お客様からの苦情を大小に関わらず深く受け止め、更なるお客様満足度向上を目指すために取得しました。

◆ISO認証取得にBSIを選んでいただいた理由
BSI社の実績と厳しい審査基準です。形式的に取得するだけでは意味がなく、更なる深みのある活用に向けて最も親切かつ丁寧さを感じた点です。

◆ISOの構築・認証で良かった点
各ISOの基本方針を明確にし、今話題になっている業界基準に先んじて行動できる体制整備、内部統制を確立できたことです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング