「GUARDIANWALL 仮想アプライアンス版」の新ラインアップを2014年12月18日(木)より販売開始

PR TIMES / 2014年12月18日 10時30分

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:浅田和則、以下キヤノンITS)は、仮想化基盤に対応したメールフィルタリング/アーカイブ製品「GUARDIANWALL(ガーディアンウォール)仮想アプライアンス版」の新ラインアップを2014年12月18日(木)より販売開始します。



■お客さまの声に応え、仮想アプライアンス版でも全文検索に対応したAdvancedモデルを販売開始
「GUARDIANWALL仮想アプライアンス版」はメールによる情報漏えい対策やメール監査、誤送信対策のソフトウェア「GUARDIANWALL」の仮想アプライアンス版です。2014年5月に販売を開始してから、「既存の仮想環境が活用できた」「導入時間が短縮できた」など、サーバー台数の削減やハードウェア資源の有効活用などを目的として仮想環境を導入しているお客さまから好評をいただいています。
このたび販売を開始する「GUARDIANWALL Ver.7.5.01 仮想アプライアンス版」は、メール監査を効率的に行いたいという要望を受けて、メールの本文や添付ファイルの中身の文字列など、きめ細かな検索を行える全文検索機能を搭載した「Advancedモデル」のラインアップを追加します。
また、可用性の向上やスケールアウトを行いたいという要望を受けて、Advancedモデル/Standardモデルともに複数台構成にも対応し、メールの流量が増えてもパフォーマンスの維持ができるようになりました。

■スマートデバイスに対応した最新機能を搭載
今回のリリースで、2014年9月に提供を開始した最新の「GUARDIANWALL Ver.7.5.01 Linux版」で対応したスマートデバイス向けの機能を、仮想アプライアンス版にも搭載しました。本機能により、社外からスマートフォンなどを利用してメールの本文や添付ファイル、ヘッダー情報などを閲覧でき、保留メールに対して、送出/削除/転送の操作をすることができます。

<「GUARDIANWALL」について>
メールに含まれるキーワードや添付ファイルの種類などの各種検査と、送受信先の配送条件を組み合わせることによって、情報漏えいを防止するメールフィルタリング/アーカイブソフトです。メール誤送信対策に有用な一時保留機能や添付ファイル自動暗号化機能、メールの利用状況を監査・確認するためのメールアーカイブおよび全文検索機能、統計情報やレポートの作成機能も備え、メールコンプライアンスの強化が実現できます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング