■世界初・日本初の技術を導入した次世代環境配慮型店舗 「D’s SMART STORE(ディーズ スマート ストア)」の実証実験を開始(ニュースレター)

PR TIMES / 2012年5月8日 15時1分



 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2012年5月11日より、CO2排出量を最大約50%(※1)削減可能な次世代環境配慮型店舗「D’s SMART STORE(ディーズ スマート ストア)」の実証実験を、株式会社CFSコーポレーション様(本社:神奈川県横浜市、社長:石田岳彦)が運営する愛知県名古屋市の「ハックドラッグ小塚店」で開始します。
 今後、実証実験で採用・効果検証した環境配慮技術を、当社が施工する物販店舗(ドラッグストア・家電量販店等)に採用していきます。

 当社は、法人のお客さま向けの建築物について、2020年までに環境負荷「0(ゼロ)」(運用時のCO2排出量をゼロ)を目指す「Smart-Eco Project(スマートエコプロジェクト)」をスタートさせ、その第三弾として、「ハックドラッグ小塚店」に世界初(※2)・日本初(※3)の環境配慮技術を採用し、実証実験を開始することになりました。
 当店では、自然の力を活かす「パッシブコントロール」や創エネ・省エネを行う「アクティブコントロール」、それらを適正に制御する「エネルギーマネジメント」を組み合わせることにより、CO2排出量を1990年当時の当社建築物と比較して約50%(※1)削減、現在の一般的な店舗と比較して約39%削減できます。
※1.1990年当時の当社建築物と比較した場合(当社試算による)。
※2.住友スリーエム株式会社が開発した「光屈折フィルム」を採用。
※3.コイズミ照明株式会社が開発した店舗向け埋め込み仕様「ハイパワーマルチベースライトLED照明」を採用。


●ポイント
 1.世界初「光屈折フィルム」を採用した「ハイサイドトップライト」
 2.日本初 店舗向け埋め込み仕様「ハイパワーマルチベースライトLED照明」を採用
 3.創エネ・省エネの環境配慮に特化した設備を導入


1.世界初「光屈折フィルム」を採用した「ハイサイドトップライト」
 「ハックドラッグ小塚店」では、越屋根(※4)に採光のための窓「ハイサイドトップライト」を設け、店舗内に自然エネルギーを取り込み、昼間の照明電力を削減しました。
この「ハイサイドトップライト」には、世界初となる直射光を屈折させ、紫外線などの有害光線もカットする「光屈折フィルム」を採用しました。
 「光屈折フィルム」から越屋根内に入った自然光は、越屋根内の天井面・壁面に貼り付けられている高拡散反射材(※5)に反射して、効率的に店内に取り入れられるため、店舗内の照明電力を42%削減(※6)することができます。
※4.採光・換気・煙出しなどのため、屋根の上に、棟をまたいで一段高く設けた小屋根
※5.住友スリーエム株式会社が開発した反射材。
※6.蛍光灯との比較。自然採光による調光制御(LED照明)の効果を含む。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング