[Marantz新製品] Hi-Fi ネットワークオーディオレシーバー NR1200

PR TIMES / 2019年9月20日 11時0分

ひろがる、リビングの音楽。HDMIセレクター&ネットワークオーディオ機能搭載ステレオアンプ。Amazon Music HDにも対応。

マランツは、ネットワークオーディオレシーバー「NR1200」を2019年10月中旬に発売いたします。近年HDMIによるテレビおよび周辺の映像機器との接続が可能なHi-Fiクオリティのアンプへのニーズが急速に高まっています。NR1200は、この要望に応えるために既存の製品カテゴリの枠にとらわれることなく企画、開発された全く新しいHi-Fiステレオアンプです。CDやレコードのような既存の音楽メディアに加え、ネットワークオーディオやストリーミングサービス、さらには映像コンテンツも含む幅広い音楽ソースを余すことなく楽しむことができます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3601/212/resize/d3601-212-578157-1.jpg ]



品名 :ネットワークオーディオレシーバー
品番 : NR1200
カラー:シルバーゴールド
希望小売価格: 78,000円(税抜価格)
JANコード : 49-51035-06991-2(NR1200/FN)
発売時期 : 2019年10月中旬


[画像2: https://prtimes.jp/i/3601/212/resize/d3601-212-383462-7.jpg ]


パワーアンプ回路にはマランツこだわりのフルディスクリート構成およびシンメトリカル・レイアウトを採用。明瞭な音像定位と安定したサウンドステージの描写を可能にしています。ラックに収納しやすい高さ105mmのスリムな筐体ながら、NR1200専用の大型EIコアトランスとカスタムコンデンサーによる強力な電源回路を搭載しており、定格出力は75W(8Ω)の大出力を誇ります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/3601/212/resize/d3601-212-574776-5.jpg ]


D/A変換回路には、上位モデルでも採用実績のある旭化成エレクトロニクス製 32bit D/Aコンバーター「AK4458VN」を搭載しています。NR1200ではL/Rそれぞれに2ch、合計4chのD/Aコンバーターを用いるダブル・ディファレンシャル構成のD/A変換回路を採用。ノイズを低減することにより、高いS/N比と透明感の高い空間表現を実現しています。

アナログオーディオ回路には入力セレクター、ボリューム、出力セレクターそれぞれの機能に特化した高性能カスタムデバイスを用いることにより信号経路を最短化。不要な回路の引き回しを排除することにより、透明感が高く情報量の豊かなサウンドを実現しています。
[画像4: https://prtimes.jp/i/3601/212/resize/d3601-212-175013-3.jpg ]


HDMIセレクターは5入力/1出力を装備。ARC(Audio Return Channel)とHDMIコントロール機能(CEC)に対応しているため、接続や操作も簡単です。すべてのHDMI端子がデジタル映像コンテンツの著作権保護技術 「HDCP 2.3」をサポート。映像のダイナミックレンジを拡張する「HDR10」、「Hybrid Log-Gamma」、従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」にも対応しているため、Ultra HDブルーレイやストリーミング配信、テレビ放送など幅広いソースで4K/HDRコンテンツの圧倒的な高画質を存分に楽しむことができます。

ネットワークオーディオ機能はHEOSテクノロジーにより、Amazon Music※やAWA※、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応。さらに日本国内初のハイレゾ対応音楽ストリーミングサービスであるAmazon Music HD※にも対応しています。(※ NR1200でAmazon Music HD、Amazon Music、AWAをお楽しみいただくには有料プランのアカウントが必要です) セットアップと操作はHEOSアプリで快適に行えます。またAmazon Alexa搭載デバイスからの音声コントロールにも対応しており、Alexaに話しかけるだけで再生、停止、スキップや音量の調整などの基本的な操作に加えて、Amazon Musicの楽曲から楽曲名やアーティスト名、年代、ジャンルなどを指定して再生することができます。また、TuneInのデータベースに登録されている世界中のインターネットラジオから好きな放送局を音声で呼び出すこともできます。パソコンやNASなどのミュージックサーバーおよびUSBメモリーからのファイル再生では5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCM (WAV / FLAC / Apple Lossless)に対応しています。さらに、インターネットラジオ、AirPlay 2、Bluetooth(R)など様々な音楽コンテンツを楽しむための機能が充実。Bluetoothヘッドホンへの送信機能※にもファームウェア・アップデートにより対応します。(※音量調整機能が搭載されているヘッドホンが必要です。)HEOS Built-in機器同士のグルーピングや音楽の配信にも対応するため、ネットワークCDレシーバー「M-CR612」などのHEOS Built-in機器を追加すればワイヤレス・マルチルーム環境を簡単に構築でき、どの部屋にいても好きな音楽を楽しむことができます。FM補完放送「ワイドFM」対応のFM/AMチューナーも搭載しています。

NR1200本体の操作や設定は付属のリモコンに加えてiOS / Android対応の「Marantz 2016 AVR Remote」アプリで直感的に行えます。Wi-Fi接続にも対応しているため、設置場所に有線LAN 環境がなくてもネットワーク機能を使うことができます。また、誰でも簡単に初期設定ができるようにガイドする「セットアップアシスタント」や日本語GUI にも磨きをかけ、使いやすさを向上させています。

[画像5: https://prtimes.jp/i/3601/212/resize/d3601-212-641754-6.jpg ]



マランツ・ブランドについて
“Marantz”は1953年にソウル・B・マランツ氏が、米国にてプレミアムオーディオ製品の開発・製造・販売をおこなうブランドとして設立。プリアンプmodel 7、パワーアンプmodel 9をはじめ市場から名機と賞賛される数々の製品を世に送り出してきました。1982年には世界初のCDプレーヤー、CD-63を発売。
創業60周年を迎えた今、マランツはホームエンターテイメント機器のプレミアムブランドとして世界中で認められています。技術は日々進化すると同時に複雑さを増していますが、鋭い感性を持った音楽愛好家達の期待をも超越するという創業以来のソウル・B・マランツの精神は、常にマランツ製品の中に反映されています。
詳細は http://www.marantz.jpをご覧下さい。


※プレスリリースに記載された情報は発表日現在のものです。
※仕様及び外観は改良のため、一部変更させていただくことがあります。
※掲載商品の写真の色は、印刷の関係で多少現物と異なることがあります。

※HDMIおよびHDMIのHigh-Definition Multimedia InterfaceおよびHDMIロゴは、米国およびその他の国における商標またはHDMI Licensing LLCの商標または登録商標です。※Windows、Windows Mediaは米国Microsoft Corporationの商標、または登録商標です。※Bluetooth(R)ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、株式会社ディーアンドエムホールディングスは、これら商標を使用する許可を受けています。※Wi-Fi CERTIFIEDロゴは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。※DSD、Direct Stream DigitalおよびDSDロゴは、ソニー株式会社の登録商標です。※iPhone、iPod、iPod touch、AirPlay、iTunes は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPadはApple Inc.の商標です。App StoreはApple Inc.のサービスマークです。※AndroidおよびGoogle PlayはGoogle, Inc.の商標です。※“Spotify”および“Spotify”ロゴはSpotifyグループの商標です。※ Amazon、Alexa及び関連するすべてのロゴはAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング