ギターを持ってカラオケに行こう! バンドマンに更なる楽しみ 最新機種「JOYSOUND f1」の『ギタナビ』がバージョンアップ!

PR TIMES / 2013年7月18日 11時37分



 株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、社長:吉田篤司)は、本日7月18日(木)に当社の業務用カラオケコマンダのフラッグシップモデルである「JOYSOUND f1」に搭載された楽器演奏機能『ギタナビ』をバージョンアップしました。

 今回のバージョンアップでは、従来のコードダイアグラムと歌詞を見ながら演奏を楽しむ「クラッシックモード」に加えて、「アドバンスモード」を搭載。このアドバンスモードは、リズムに沿ってコードを演奏する楽しさが味わえる新機能で、画面に表示されるタイミングバーに従って指定されたコードを弾き、正しいコードをリズムに合わせて弾いているかを判定し、演奏終了後にコード一致率や苦手なコードを表示します。これにより、ただ弾くだけではなく、上達する喜びを感じながらカラオケボックスでの演奏をお楽しみいただけるようになりました。


 また、このギタナビをもっと便利に楽しんでいただくために、弊社ウェブサイトJOYSOUND.comでは、カラオケボックスに行く前に12,000曲以上のギタナビ対応曲からお気に入りの曲を検索することができるようになりました。さらにカラオケソーシャルメディア「うたスキ」会員の方は、マイうた登録をすることでお店でお気に入りの曲を簡単に選んで演奏することができます。


 当社は昨年6月発売のJOYSOUND f1とともに、「カラオケ=歌う場所」という概念を越える業界初の試みとして、カラオケボックスでの楽器演奏機能をご提案させていただき、現在多くの方にご利用いただいております。この『ギタナビ』のバージョンアップで、さらに多くのギタリストにカラオケボックスでギターを弾く楽しみをお届けしたいと考えています。


▽ギタナビ特設ページ  http://joysound.com/ex/st/gitanavi/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング