杉野服飾大学とANAクラウンプラザホテルが共同でスリープウェアを開発

PR TIMES / 2014年1月20日 13時9分

杉野服飾大学の学生を対象にスリープウェアのデザイン・コンテスト「#DressedToRest」を開催,一次審査はソーシャルメディアのインスタグラムを活用した人気投票を2月2日(日)まで開催

杉野服飾大学とANAクラウンプラザホテルは、このほど杉野服飾大学他の学生を対象としたデザイン・コンテスト「#DressedToRest」を開催し、共同でANAクラウンプラザホテルのオリジナルスリープウェアを開発すると発表しました。ファッションデザイナーを目指す若い感性で快適で快眠を促し、かつスタイリッシュなスリープウェアの開発に産学共同で取り組みます。



杉野服飾大学(東京都品川区上大崎4-6-19、学長 中村賢二郎)とANAクラウンプラザホテル(運営会社/日本: IHG・ANA・ホテルズグループジャパン)は、このほど杉野服飾大学他の学生を対象としたデザイン・コンテスト「#DressedToRest」を開催し、共同でANAクラウンプラザホテルのオリジナルスリープウェアを開発すると発表しました。ファッションデザイナーを目指す若い感性で快適で快眠を促し、かつスタイリッシュなスリープウェアの開発に産学共同で取り組みます。

このデザイン・コンテストは、デザイン画をもとにした一次選考で10作品を選んだ後、各試作品をもとに特別審査員による最終選考会を行い、最優秀作品を選びます。審査は、1 ) スタイルおよびデザイン、2) 快眠を促す要素(通気性、肌触りなど)、 3) 独創性、そして、4) ビジネスおよびレジャー向けの高級ホテルブランドであるANAクラウンプラザホテルに相応しいデザインの4つの項目で評価されます。

最終選考会で選ばれた最優秀作品は、杉野服飾大学との共同開発によるスリープウェアを試していただけるよう、ANAクラウンプラザホテルの宿泊プラン等として商品化する予定です。最優秀作品には副賞として、賞金5万円とANAクラウンプラザホテルのご利用券(5万円相当)が贈られます。コンテストの人気投票は2014年2月2日(日)まで受け付ける予定です。

【#DressedToRestデザイン・コンテストの流れ】

一次選考:

杉野服飾大学、同短期大学部他の学生がデザイン画をソーシャルメディアのインスタグラム(Instagram、http://instagram.com/ )上に投稿。同学の代表者による審査と、一般の人気投票をもとに10作品を選出。

※一般人気投票はInstagram上の「#DressedToRest」ページで2月2日(日)まで実施
(http://statigr.am/contest/pyzw/crowne-plaza-dressedtorest-contest?langue=jp)

最終選考:

1.選ばれた10作品は、各学生が試作品を製作し、3月1日(土)までに提出。
2.最終選考に向けた試作品の製作にあたり、快眠を促すスリープウェアとして不可欠なポイントについて、快眠コンサルタントの岩田アリチカ氏が10名の学生に講義を実施。
3.3月上旬に最終選考会を実施し、試作品をもとに、同学の代表者1名、服飾専門家1名、睡眠の専門家1名(同上岩田氏)、ANAクラウンプラザホテルの代表者1名ら合計4名の審査員が最優秀作品を選び、「世界睡眠の日(World Sleep Day)」[1]である3月14日に結果発表を予定。

この「#DressedToRest」デザイン・コンテストは、日本のほかにシンガポール(東南アジア地域)、オーストラリア、インド、アラブ首長国連邦でも同様に開催され、各国のデザイン画の投稿や人気投票の状況は同Instagram上で見ることができます。日本を含む各国の優勝者[2]は、世界睡眠の日である、2014年3月14日(金)に発表される予定です。

ANAクラウンプラザホテルを日本で展開するIHG・ANA・ホテルズグループジャパンのCEO(最高経営責任者)、ファーガス・スチュアートは、今回の試みについて、「産学共同でファッション性と快眠性を両立させるスリープウェアを開発するという斬新な企画に期待しています。ANA クラウンプラザホテルは現在、日本全国 15 都市で展開していますが、いずれもお客様のニーズをタイムリーに把握し、サービスに反映させることを心がけています。特に、日本向けに開発したオリジナルの快眠プログラム『スリープ・アドバンテージ』は、2008年に導入して以来、ANAクラウンプラザホテルに宿泊するお客様から高い評価を得ています」と述べています。

杉野服飾大学学長の中村賢二郎氏は、「このようにユニークな産学共同開発プロジェクトに取り組むことを光栄に思っています。ファッションデザイナーを目指す学生達にとって、製品の具体的な要件をデザインに反映させて制作する機会を得ることはたいへん勉強になり、励みになります。ファッション性を追求しつつ快適で快眠を促すウェアであることを実現するのは簡単ではありませんが、若い感性がどのような創造性を発揮するのかとても楽しみです」と語っています。

ANAクラウンプラザホテルは、日本向けに開発したオリジナルの快眠プログラム「スリープ・アドバンテージ」を国内の全ホテルで2008年から提供。このスリープ・アドバンテージは、枕・寝具などの寝装品だけでなく、温熱、香り、カフェイン摂取等に配慮し、就寝前から目覚めまでの睡眠プロセスに、複合的なアプローチをしているのが大きな特長です。

以上

杉野服飾大学について
日本の服飾教育は、本学の創設者の杉野芳子が昭和初期に本学の前身であるドレスメーカー女学院を開設したことから始まり、本学の前身はファッションモード創出の先導者の役割を務めてきました。本学の建学の精神と理念は、挑戦(チャレンジ)の精神、創造する力、自立(自己実現)する能力です。本学の使命は、現在および未来の日本のファッション産業の道を切り拓くチャレンジ精神をもって、芸術性・技術力と文化的教養に基づいた創造力を養い、専門職業人として社会で自立する能力のある人材を送り出すことです。本学には服飾を創作するコースから服飾に関連するさまざまな分野のコースまであり、幅広い専攻分野を揃えています。前期2年間の基礎課程でさまざまな教養科目を履修するとともに全員が服飾造形の基礎的な知識と技術を習得した後、希望する後期専門課程のコースに進むことができます。
www.sugino-fc.ac.jp/

ANA クラウンプラザホテルについて
ANA クラウンプラザホテルは、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンが運営する、ANA ホテルとクラウンプラザの共同ブランドホテルとして、現在、日本全国 15 都市(千歳、釧路、新潟、富山、金沢、成田、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、宇部、福岡、長崎、那覇)で、合計約 4,600 室を展開し、今後もさらに日本各地にネットワークが広がる予定です。2013 年はANA クラウンプラザホテル京都、ANA クラウンプラザホテル釧路が誕生、2014年春にはANAクラウンプラザホテル稚内が誕生する予定です。
ANA クラウンプラザホテルでは、日本でのブランド構築にあたり 2,000 名の消費者調査を実施するなど、消費者ニーズをタイムリーに把握し、サービスに反映させることを心がけている、お客様を大切にするホテルブランドです。また今後は、ウェディングや宴会等を含むイベント全般を強化し、MICE(Meeting, Incentive, Conference, and Event)市場等の新たな市場ニーズに対してより充実したサービスを提供してまいります。
クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツは、世界有数のホテルグループであるインターコンチネンタル ホテルズグループが運営する高級ホテルブランドの 1 つです。会議と宿泊を合わせた、ビジネスとレジャー両方の利用目的に適したハイレベルの快適さや施設、サービスを兼ね備えています。ニューヨーク、ミラノ、ロンドンをはじめ現在、世界約 50 カ国以上で 390 ホテルが運営され、さらに 99 ホテルが開業準備中の、特にアジアで急速に成長しているホテルブランドです。
www.anacrowneplaza.com

スリープ・アドバンテージ(Sleep Advantage)について
スリープ・アドバンテージ(Sleep Advantage)は、日本向けに開発された ANA クラウンプラザホテル独自の快眠プログラムで、2008年に全国の ANA クラウンプラザホテルに一斉導入されました。Sleep Advantageは、枕・寝具などの寝装品だけでなく、温熱、香り、カフェイン摂取等に配慮し、就寝前から目覚めまでの睡眠プロセスに、複合的なアプローチをしているのが大きな特長です。また、「Sleep Advantage」の開発にあたり、監修者として睡眠に関する非営利団体(日本睡眠改善協議会)や企業コンソーシアムの設立メンバーとしても知られる快眠コンサルタント、岩田アリチカ氏を起用。睡眠改善学に基づいて、睡眠感を向上させるために、現代日本人の睡眠の環境や習慣における重要な改善点として、「就寝前のリラックス」、「夜と朝のメリハリ」、「良好な睡眠環境」という3つのポイントをバランスよく取り入れております。さらに、導入予定ホテルの宿泊客約 900 名を対象に 2007年秋から実施した、睡眠に関する調査結果から明らかとなった、ホテルでの睡眠についてのニーズを反映し、独自のプログラムとして組み立てられました。


IHG・ANA・ホテルズグループジャパンについて
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンは、2006 年 12 月 1 日に、世界有数のホテルグループである IHGと、ANA の業務提携により設立されたジョイントベンチャー会社で、国内で 31 のホテル、約 9,500 の客室を展開する国内最大のインターナショナルなホテル運営会社です。 国内で 7軒のインターコンチネンタル、15軒のANA クラウンプラザホテルのほか、ホリデイ・イン、ANAホテルを展開します。2013年は、2月にANAクラウンプラザホテル京都、同6月にインターコンチネンタルホテル大阪、同 8 月に ANA クラウンプラザホテル釧路、同 10 月に ANA ホリデイ・イン 宮崎 リゾートが運営を開始しました。2014 年春には ANA クラウンプラザホテル稚内、ANA ホリデイ・イン金沢スカイ、ANAホリデイ・イン札幌すすきのが誕生する予定です。
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイト: www.anaihghotels.co.jp
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのニュースリリースサイト:
www.anaihghotels.co.jp/corporate/pr


[1]  World Association of Sleep Medicine (WASM) という快眠を科学的に研究し、啓蒙する国際団体(米国)が、毎年「快眠と健康」を考える日として、World Sleep Day (WSD) をつくりました。毎年3月の中旬の金曜日に大会が開かれ、睡眠障害の解消や健康的な眠りについての発表やイベントが行われています。2014年は3月14日が世界睡眠の日です。

[2]  審査基準の一部、提携校、商品化などの詳細はそれぞれの国や地域により異なります。また、オーストラリアでは、夏季休暇期間と重なるため後日開催となります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング