【プレスリリース】ユニセフ・WHO 水とトイレの最新報告書を発表 都市部と農村部、経済力による利用格差の是正を

PR TIMES / 2014年5月9日 16時13分



※本信は ユニセフ本部が発表した情報を日本ユニセフ協会 広報室が独自に編集・翻訳
したものです
※原文をご入用の際は 広報室(後述)までお問い合わせください


【2014年5月8日 ジュネーブ/ニューヨーク発】

5月8日、ユニセフと世界保健機関(WHO)は共同監査プログラム(JMP)の年次報告書
『衛生施設と飲料水の前進:2014』を発表しました。

1990年以降、およそ20億人が改善された衛生設備 (以下、トイレと記載)を、23億人が
改善された水源 を利用できるようになったこと、さらに23億人のうち16億人は家庭で
水道が利用できるようになったことが明らかになりました。報告書では、清潔な水と
適切なトイレの利用における農村部と都市部における格差が狭まりつつあることも強調
されています。


報告書は、(1)取り組みによる進展 (2)不公平への着眼 (3)国連ミレニアム開発目標の
期限の2015年以降の監査フレームワークの3部から構成され、巻末に国別、地域別、
居住区分(都市部、農村部)別の1990年から2012年までの統計が掲載されています。
これらのデータは、同時期に各国で行われた世帯調査や国勢調査に基づいており、
2012年の統計が最新統計として紹介されています。


* * *

現在、世界の人口の半数以上は都市部に暮らし、農村部と比べ清潔な水と適切なトイレ
の利用が可能です。しかし、農村部と都市部における格差は縮小されつつあります。

1990年当時、改善されたトイレを利用できる割合は、都市部で76%、農村部ではわずか
28%でしたが、2012年までに、都市部で80%、農村部では47%へと改善されました。

1990年当時、改善された水源を利用できる人は都市部で95%、農村部で62%でしたが、
2012年までに、都市部では96%、農村部では82%まで改善されました。

格差是正などの進展がみられるにも関わらず、改善された水とトイレの普及には、依然
として地域、社会文化、経済の格差が明らかに存在しています。

WHOの公衆衛生環境部のマリア・ネイラ部長は「改善されたトイレを利用できない人の
大部分は、農村部にいます。農村部でトイレが使えるようになっているのは主に豊かな
人たちであり、農村部内での格差は拡大しているのです。基本的なレベルの飲料水や
トイレが使えない人たちは大勢おり、こうした人たちのための取り組みを加速しなければ
なりません。第一段階として、だれがいつ、どのようにしてトイレや水を使えるかを
把握します。そうすれば、水やトイレを享受できていな人に集中して取り組むことが
できます」と述べました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング