【プレスリリース】ウクライナ情勢 暴力への子どもの巻き添えを強く非難 オデッサでは子ども死亡との報告も

PR TIMES / 2014年5月16日 17時40分



※本信は ユニセフ・ウクライナ事務所からの情報を日本ユニセフ協会 広報室が
翻訳したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_73507.html でご覧いただけます


【2014年5月15日 ニューヨーク/ジュネーブ/キエフ発】

ユニセフは、ウクライナ情勢が、子どもの生活に大きな影響を及ぼしていることに深い
憂慮の念を表します。激しいデモに子どもが巻き込まれ、オデッサでは、子どもが死亡、
負傷しているとの報告があり、ユニセフは調査を行っています。

ユニセフは、これらの子どもの権利への重大な侵害を最も強い言葉で非難します。

ユニセフの調査で、教育と保健サービスが利用できなくなっていることに並行し、
心のケアを必要とする子どもは増え続けていることが明らかになっています。子どもが
暴力を目にすること、暴力に巻き込まれることは、子どもの健康と福祉にとって、
危険で害をもたらすものです。

ユニセフは、すべての関係者に対し、子どもと家族へのサービスを維持するために
全力を尽くすこと、子どもをデモに巻き込まないこと、参加させないこと、また暴力行為
を目撃させないようにすることを求めます。


* * *

ユニセフ・ウクライナ事務所 杢尾雪絵(もくおゆきえ)代表への取材をお受けして
おります(出張中、17日より在キエフの予定)。ご希望の際には、広報室または上記
キエフの担当者までお問い合わせください。

4月17日実施の杢尾代表による現地報告会の記事・動画はこちら>http://bit.ly/T8XCrZ

■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
キエフ: Veronika Vashchenko, Tel +38 050 388 2951, vvashchenko@unicef.org
ジュネーブ: Christophe Boulierac, UNICEF Geneva, Tel: +41 793030541,
cboulierac@unicef.org
ニューヨーク:Georgina Thompson, UNICEF New York, Tel: + 1 917 775-3874 ,
gthompson@unicef.org

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング