エフセキュア、アンチウイルス Linuxゲートウェイ新バージョン Ver5.20をリリース

PR TIMES / 2014年12月16日 9時56分

エフセキュア株式会社 (本社: 東京都千代田区、カントリーマネージャ: アリエン ヴァン ブロックラド、以下 エフセキュア)は、LinuxサーバOS向けゲートウェイセキュリティ対策製品の「エフセキュア アンチウイルスLinuxゲートウェイ」の新しいバージョンとなる、Ver5.20をリリース致しました。WebUIを日本語化し設定項目の拡充、さらにRedhat Enterprise Linux7やCentOS7などの最新ディストリビューションへの対応を行っています。

「エフセキュア アンチウイルス Linuxゲートウェイ」Ver5シリーズに、日本語WebUIを搭載したVer5.20がリリースされました。Ver5.10で搭載された、軽量で安全性の高い新しいWebUIを日本語化し、設定項目として表示していなかった項目を多数追加しています。また、最新ディストリビューションであるRedhat Enterprise Linux7やCentOS7などのサポート、Redhat Enterprise Linux5および6、CentOS5および6の最新マイナーアップデートのサポート対応を行っています。

なおこのリリースをもって、「エフセキュア アンチウイルス Linuxゲートウェイ」Ver4シリーズは、サポート終了の準備を開始します。Ver4シリーズの最終版(Ver4.12およびVer4.11)は、2015年11月25日にサポート終了となる予定です。

また、2015年1月に、Ver5.20をベースとした仮想アプライアンス版のリリースも予定しています。次期仮想アプライアンス版では、従来サポートしてたVMware vShereに加え、Microsoft Hyper-Vもサポートハイパーバイザーとして追加する予定です。


*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング