『別冊アステイオン「災後」の文明』刊行

PR TIMES / 2014年3月10日 12時0分

この国の長い長い「戦後」に終止符が打たれ、新たに「災後」の時代が始まった。

株式会社阪急コミュニケーションズは、『別冊アステイオン 「災後」の文明』を刊行いたしました。震災後1ヵ月を経ずに企画されたサントリー文化財団主宰の研究会は、連日白熱した議論が展開されました。複合災害をテーマとする総合問題をいかに解いていくか。16人の専門家が震災後の日本の姿を描きました。



詳細はこちら → http://books.hankyu-com.co.jp/list/detail/1382/

東日本大震災から3年が経ちました。復興の検証番組や各紙誌面で、あの震災はなんだったのか、これからどこへ向かうべきなのか、議論は百出しています。そんな中、本書はそこへ碇をおろすような重く非常に示唆に富んだ論考となりました。それは自衛隊のあり方であったり、震災後の内向き指向さなかのグローバル化問題であったり、ソーシャルメディアの扱われ方であったり、18世紀のリスボン地震から見えてきたものであったり、政治状況を超えた日中間の相互援助であったり、まさに多分野の専門家による多角的な視座で「災後の文明」を見据えています。


サントリー文化財団「震災後の日本に関する研究会[編]
責任編集 御厨 貴/飯尾 潤

執筆者 御厨 貴/飯尾 潤/牧原 出/伊藤正次/村井良太/苅部 直/川出良枝/堂目卓生/梅田百合香/大竹文雄/佐藤卓己/五野井郁夫/武藤秀太郎/池内 恵/柳川範之/遠藤 乾

●定価 本体1,800円(税別) ISBN978-4-484-14203-6


<お問い合わせ先>
株式会社 阪急コミュニケーションズ 販売局 営業推進部
TEL:03-5436-5726
http://www.hankyu-com.co.jp/


発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング